狭いワンルームをおしゃれにレイアウト。家具の配置を変えるだけで心地良い空間に

狭いワンルームをおしゃれにレイアウト。家具の配置を変えるだけで心地良い空間に

  • folk
  • 更新日:2021/06/11

ワンルームのおしゃれなレイアウト実例

一人暮らしなら狭いワンルームでも十分快適に楽しめますよね。そして部屋のレイアウトをおしゃれにすることで、さらに充実した暮らしができますよ。そこで今回は、狭いワンルームをおしゃれに楽しめるレイアウト実例を大公開♪家具の配置を変えるだけで、心地良いインテリアにできます。ここではそれぞれ家具別に分けているので、模様替えの参考にしてくださいね。

ワンルームのおしゃれなレイアウト|ベッド

窓側に配置するレイアウト

朝にカーテンの隙間から光が差し込むような一人暮らしに憧れませんか?部屋に大きな窓があるのなら、おしゃれなインテリアにできます。カーテンが閉められるほどの隙間を開けて、ベッドをレイアウトすれば快適な朝を迎えられますよ。ワンルームでベッドを置くのならば、このような実例にするのがおすすめ。サイドテーブルを置いて夜もリラックスできるワンルームに。

すのこベッドのおしゃれなレイアウト

6畳ほどのワンルームだと圧迫感がないようなレイアウトがおすすめです。すのこベッドにすることで、おしゃれなローインテリアが生まれます。これならベッドに座ってテレビも見られるので便利ですよ。これならどのような間取りでもできる実例です。ワンルームでコンパクトに過ごせるおしゃれな部屋を目指しましょう。

可愛いインテリアのレイアウト

ベッドカバーを可愛いピンクのチェック柄にすることで、柔らかい部屋のイメージが生まれます。一人暮らしの女性にぴったりなレイアウトですよ。マガジンラックをベッド横に置いたら、寝る前にチェックできますね。また、ワンルームだと収納家具が置けなくて困ってしまいますが、ラックを使っておしゃれに見せるのもおすすめ。ワンルームでできる人気の実例です。

生活感のあるおしゃれなレイアウト

6畳ほどのワンルームでも工夫すれば、ヒュッゲなインテリアにできます。ヒュッゲはデンマーク語で居心地が良いという意味。ベッドや椅子の家具配置など、まさにヒュッゲ的なワンルームですよね。観葉植物やおしゃれなライトなどもさりげなく飾って、落ち着ける空間を生み出しています。ベッドを縦にしたレイアウトですので、窓周りが広く使えます。

天井に仕切りをつけるレイアウト

ワンルームでもカーテンで仕切りをつければ、8畳くらいの部屋にもうひとつ空間ができます。薄手のカーテンなら部屋を暗くすることもなく、おしゃれなインテリアにできますよ。これならメリハリのある一人暮らしが楽しめるはず。ベッドは真ん中にレイアウトして、贅沢に使うのも良いですね。仕切りのあるおしゃれな実例を真似して見てはいかがでしょうか。

ワンルームのおしゃれなレイアウト|テーブル

アメリカンテイストのレイアウト

全体的にヴィンテージ風に仕上げたセンスの良いワンルーム実例です。一人暮らしなら食事する場所とリラックスできる場所を一緒にすれば、それほど場所をとることもないでしょう。テーブルも落ち着いた色合いで、インテリアにぴったり馴染んでいます。テレビを近くに置くことで、自分だけの楽しい時間が過ごせますよ。これならお友達に自慢できるおしゃれなワンルームに。

ローテーブルのおしゃれなレイアウト

北欧風のインテリアの素敵なレイアウト実例です。フローリングにふかふかしたラグを敷けば、テーブルの前に座ってリラックスできますよ。壁の色も北欧らしいデザインにして、全体的にまとまった雰囲気にしています。たまに木製チェアに座って幸せ気分に浸るのも良いでしょう。一人暮らしを丁寧に暮らせる人気のワンルーム実例。

丸いテーブルを置くレイアウト

フレンチテイストの可愛いインテリア。ワンルーム部屋にぴったりサイズのラウンドテーブルを置いています。一人暮らしなら、このくらいのサイズがちょうど合いますよ。6畳ほどのワンルームでもテーブルを置きたい時におすすめです。近くに観葉植物を吊るしてナチュラルな雰囲気を楽しんでください。ヘリンボーン柄の床も可愛いですよね。

小さめサイズのテーブルレイアウト

一人暮らしではソファを置かないことで、部屋が広く使えます。8畳ほどのワンルームに小さめのテーブルを置くことで、スペースが生まれますよ。クッションを置けばご飯を食べる場所として十分活用できます。大きすぎるサイズだとワンルームが圧迫された感じになってしまうので、このくらいのサイズが良いですよ。

コンパクトにするおしゃれなレイアウト

ベッド近くに小さめのテーブルを置いて、コンパクトな部屋にしたワンルーム実例です。一人暮らしで十分に使えるサイズ。ここで仕事したり、ご飯食べたりしてはいかがでしょうか。ワンルームにちょうど良いレイアウトで、ずっといたくなるようなインテリアです。ホワイトカラーを多めにすると可愛く見えますよ。植物も置いてナチュラルな雰囲気にしてくださいね。[mobile][toc][/mobile]

ワンルームのおしゃれなレイアウト|ソファ

スッキリした印象のレイアウト

一人暮らしでゆったりしたい時は、ソファを置くのがおすすめです。シンプルなデザインだと飽きないので、きれいめインテリアにぴったり。8畳ほどの部屋であれば、色々な家具も置けて便利ですよ。ここならワークスペースとしても活用できるでしょう。全体的にナチュラルな雰囲気にしたワンルーム実例です。ロースタイルなので圧迫せず広く感じますね。

窓に背を向けるおしゃれなレイアウト

窓に背を向けることで後ろから光が差込みます。家の中心に向かって座れば、ワンルームのインテリアをじっくり楽しめるでしょう。模様替えするときに、このような置き場所にしてみると気分が変わりますよ。女性の一人暮らしにおすすめのレイアウトです。6畳ほどでもできるアイデアですよ。ボスタルニカなインテリアが素敵ですね。

スタイリッシュなレイアウト

足がついて少し高さを出したソファを使って素敵なインテリアにしたお部屋です。おしゃれなサイドテーブルがあれば、ゆっくり映画鑑賞したくなりますね。8畳ほどの広さがあれば、ゆったりスペースが生まれますよ。一人暮らしでもおうち生活を謳歌できるレイアウトにしましょう。必要なものだけを置いたセンスの良い実例です。

角に置くおしゃれなレイアウト

部屋の角に置いてなるべく広さを出した実例です。8畳のワンルームだと快適な一人暮らしができます。窓への動線を確保するために、あえてテーブルは置かずにスッキリさせていますよ。柔らかい雰囲気のインテリアとなり、落ち着ける空間にしています。ゴロンと横になってうたた寝したくなりますね。観葉植物があると清潔感が感じられます。

一人用ソファのおしゃれなレイアウト

狭い6畳ほどのワンルームでも、一人用のソファであれば置いてもそれほど場所を取りません。対面にはテレビを置いてリラックスタイムが楽しめます。ベッドにいても観られますが、やはりソファでゆっくりテレビを観るのは格別。シックな雰囲気にまとめた部屋にした一人暮らしにおすすめの実例です。モダンでおしゃれな空間ですよね。

ワンルームのおしゃれなレイアウトまとめ

ワンルームをおしゃれにしたいなら、これらの実例を試してみてはいかがでしょうか。ここで紹介したレイアウトはどれもすぐに試せるものばかりです。一人暮らしを思いっきり楽しめる部屋にして、快適な環境を整えてくださいね。狭いなりにも工夫すれば、きっと素敵な部屋が完成するはず。模様替えすることでリフレッシュできますよ。早速お気に入りの空間にしてみてください♪

aigekkaneko

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加