向井地美音、AKBを飛び出して“ロリキャラ”に!

向井地美音、AKBを飛び出して“ロリキャラ”に!

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/06/09
No image

俳優の荒井敦史(28)、AKB48の向井地美音(23)、元乃木坂46の能條愛未(26)らが9日、東京・紀伊國屋ホールで行われた舞台「新・熱海殺人事件」の舞台あいさつに登場した。

同作は、今年1月末から改修工事に入った同劇場の“こけら落とし公演”の第一弾。同劇場で最も上演されている故・つかこうへいさんの伝説的作品で、向井地と能條は、ヒロインの女性警察官・水野朋子をダブルキャストで演じる。

向井地は「AKB48から外に飛び出して舞台に出演させていただくのは今回が初めてなので、いきなり歴史ある、重みのある舞台で大丈夫かなって不安だったんですけど、何とか皆さんに支えられて今日を迎えることが出来ました」と充実感をにじませ、「私が演じる水野はロリキャラです。今までたくさんの方がやられてきた水野とは全く違う、新しい水野になっていると思うので注目していただきたいです」とPR。能條も「全く違うダブルキャストになっているので楽しんでもらえたら」と話した。

主演の荒井は、改装前の最終公演「熱海殺人事件 ラストレジェンド」からの“続投”。楽屋の床も新しく張り替えられたそうで、「ギシギシいわなくなった」と喜び、「若い世代にもこの作品をやりたいなと思ってもらえるような作品にしなきゃいけないなと思う」と熱く意気込みを語った。

またこの日は、第一弾の同作に続き、こけら落とし公演第二弾の舞台「改竄・熱海殺人事件 モンテカルロ・イリュージョン 〜復讐のアバンチュール〜」に出演する俳優の多和田任益、元HKT48の兒玉遥らも登壇した。

「新・熱海殺人事件」は明日10日〜21日、「改竄・熱海殺人事件〜」は24日〜27日まで。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加