香川真司以来のインパクト。川崎のルーキー三笘薫をぜひ日本代表へ

香川真司以来のインパクト。川崎のルーキー三笘薫をぜひ日本代表へ

  • Sportiva
  • 更新日:2020/11/20

長年サッカーを見ていれば、おそらくこうなるだろうなと、次に起きるであろう事象をある程度予測することができる。そしてその予想を裏切るようなプレーを見せられた時こそ、代えがたい高揚感を得られるものだ。

11月18日に等々力競技場で行なわれた川崎フロンターレと横浜F・マリノスの一戦。川崎のゴールデンルーキー三笘薫が見せたプレーは、まさにその類(たぐい)のものだった。

【写真】映える川崎Fのチアリーダーたち8人

No image

新人ながら今季12ゴールを決めている三笘薫

2−1で迎えた後半アディショナルタイム、自陣エリア手前でボールを拾った三笘は、「クリアもできた」という思考を一瞬でひるがえし、「うまくトラップできて前にスペースがあったので」と、ドリブルで持ち上がることを選択した。

なかば強引に思えたが、揺るぎない自信があるのだろう。追いすがる渡辺皓太を一瞬のスピードで置き去りにすると、寄せてきたチアゴ・マルチンスの股を抜き、バイタルエリアに侵入。最後はもうひとりのDFを引きつけて、華麗なアウトサイドバスで小林悠のダメ押しゴールを演出した。

ボックス・トゥ・ボックス型のプレーヤーでさえなかなか稀有な存在だが、なんとボックスとボックスの間をドリブルで持ち上がるとは! まさにこちらの想像をはるかに凌駕するビッグプレーだった。

首位を独走する川崎と前年王者・横浜FMの一戦は、攻撃スタイルを打ち出すチーム同士のハイレベルな戦いだった。お互いに高いスキルをベースとしたボール支配に定評があるが、強烈なプレスと素早いトランジションを絶え間なく繰り返し、一部の隙も存在しないスリリングな時間帯が続いた。

ボールを思うように運べないなかで、際立ったのは個の力である。とりわけ前半終了間際に数的不利に陥りながらも最後まで互角の戦いを演じた横浜FMにおいて、マルコス・ジュニオール、ジュニオール・サントス、エリキのブラジル人トリオの技量は高次元にあり、インテンシティの高い攻防のなかでもボールを失わず、相手ゴールに迫る姿は圧巻だった。

もっともそんな彼らも、三笘の前では脇役に過ぎなかった。

鋭い突破でサイドを切り崩し、先制ゴールを奪い取り、PK奪取にも成功し、超絶ドリブルからアシストまで記録してしまう。後半からピッチに立ち、拮抗していた両者のパワーバランスを劇的に変えた三笘こそが、この日の主役だったのだ。

個人的には、香川真司を初めて見た時に匹敵するインパクトである。

年齢も、ポジションも、プレースタイルも、対戦相手のレベルも(当時の香川はJ2だった)異なるが、卓越したスキルとクイックネスを武器に相手を翻弄して決定的な仕事をこなす様は、相通じるものがある。ボールを持てば何かをやってくれそうな"ワクワク感"というものが、ふたりのプレーからは感じられるのだ。

この日のゴールで、三笘のゴール数は12となり、Jリーグのルーキー記録にあと1点に迫った。特筆すべきは途中出場からの得点の多さだ。12点中8点を交代出場から記録している。今季の川崎が後半に得点が多いのも、このルーキーの存在が大きいだろう。

過去のJリーグで、いわば"ジョーカー"として名を馳せたのは、播戸竜二、森山泰行、林丈統、眞中靖夫らが思い浮かぶ。日本代表ではオフト時代の中山雅史や、「ジョホールバルの歓喜」の主人公である岡野雅行、ジーコ時代の大黒将志が代表格だろう(偶然にも全員"マサ"がつく)。

もっとも彼らは、パートナーによって左右されるストライカータイプ。独力で流れを変えられるドリブラータイプの"ジョーカー"としては、本山雅志に近いだろうか(彼もまた"マサ"がつくのは偶然か。だから何?という話だが)。

◆「歴代J2得点王の実力を比べてみた。最もステップアップしたのは?」はこちら>>

「途中からでしか決められないと見られているかもしれないので、スタメンでももっとシュートを打って、ゴールに絡むのが課題。ただ(途中から出ることで)自身の特長を生かしやすいとも思っています。スタメンでも、途中からでも、ゴールを決めないといけない」

三笘自身は"ジョーカー"としての現状に満足していない様子だが、圧巻のパフォーマンスを見て想いを馳せたのは、朝方に見た日本代表の姿だ。

前半のチャンスを決められず、後半に流れを失い、濃霧にかすんだあのチームにこの男がいれば、果たしてどうなっていたのだろうか。躍動する川崎のルーキーのプレーを見て、そう思わずにはいられなかった。

2試合足踏みを強いられていた川崎だが、この勝利でついに2年ぶり3度目の優勝に王手をかけた。次節は11月21日に、アウェーで大分トリニータと対戦する。優勝のかかったビッグマッチでも、この珠玉のドリブラーの躍動する姿が目に浮かぶ。

原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加