使っていくうちにシャンプーが合わないと感じる理由

使っていくうちにシャンプーが合わないと感じる理由

  • 頭美人
  • 更新日:2021/07/26
No image

使っていくうちにシャンプーが合わないと感じる理由

普段から使っていたシャンプーが急に合わなくなったと感じたことはありませんか。

「急に髪がキシキシしだした」「頭皮がかゆくなった」「フケがでる」「抜け毛が増えた」などがあげられます。

なぜ急にシャンプーが合わなくなったのかというと、それは環境や食生活、体質の変化などがあげられます。

例えば、秋や冬は顔のお肌と同じように頭皮も乾燥して敏感になっていきます。

そんな時に夏に使っていたスカルプ系のシャンプーを使っていると、更に頭皮が乾燥してフケやかゆみの原因になってしまうのです。

他にも、食生活が乱れていて脂っぽいものを多く摂取していると頭皮も皮脂の分泌が多くなり、ベタっとしてしまいます。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

皮脂の分泌はストレスなどでも多くなるといわれています。

そのため、環境が変わり知らず知らずのうちにストレスを感じ、頭皮の皮脂の分泌が増えていることがあります。

これまでは皮脂の分泌が多くなかった方が、体質が変化して、これまでと同じシャンプーを使っていると、赤みやかゆみ、吹き出物のようなものが頭皮にできてしまいます。

これがシャンプーが急に合わなくなったと感じる原因にもなるのです。

自分の体の状態によって髪質や頭皮の状態が変化するため、シャンプーが突然合わなくなってしまうのです。

高いシャンプーであれば、どんな状態の時にでも合うというわけでもありません。

合わないなと思っているのにずっと使っていると髪質が悪くなったり頭皮が荒れたりしてしまうかも。

シャンプーが合わないと感じた時に取るべき対処法

では、シャンプーが合わなくなってしまった時にはどうすればいいのか。

まずは、自分の髪質と頭皮の状態を理解することが重要です。

今、髪は脂っぽいのか、乾燥しているのか。

それに合わせてシャンプーを選ぶ必要があります。

脂っぽい時には、ミネラルなどのクレイ成分が入った地肌用のシャンプーや、石鹸系のシャンプーがおすすめです。

シャンプーで刺激を感じるようになってしまっている時には、アミノ酸シャンプーを選びましょう。
アミノ酸は、皮膚と同じ弱酸性なので低刺激です。

他の対処法としては、38~40度程度のぬるいお湯で洗ってあげるだけでも刺激をおさえられるので効果的ですよ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加