「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の10ベストを選出~木下隆之の、またがっちゃいましたVol.169~

「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の10ベストを選出~木下隆之の、またがっちゃいましたVol.169~

  • バイクのニュース
  • 更新日:2022/11/29

日本バイク・オブ・ザ・イヤー10ベストを選出

「日本バイク・オブ・ザ・イヤー」ならぬ「日本カー・オブ・ザ・イヤー」は、いよいよ11月24日に最終選考の日を迎えようとしている。その年に誕生したモデルが対象で、まず上位10台「10ベスト」が選出される。いわば予選だ。

No image

日産「フェアレディZ」のテストドライブを行う筆者(木下隆之)

【画像】日本バイク・オブ・ザ・イヤー10ベストに選ばれた車を見る(12枚)

今年は以下の11台が選ばれた。(同点だったために11台が選出された。得票数は公表されていない)

■スズキ・アルト
■トヨタ・クラウン
■日産エクストレイル
■日産さくら/三菱ekクロスEV
■日産フェアレディZ
■ホンダ・シビック
■マツダCX-60
■BMW・iX
■ヒョンデIONIQ5
■ランドローバー・レンジローバー
■ルノー・アルカナ

今年話題をさらったモデルが目白押しだ。

24日の決戦投票はちょっと複雑だ。選考委員ひとりの持ち点は25点。その25点をこの11台の中の5台に振り分けなければならない。ただし、最も高く評価したモデル一台に10点を配点しなければならない。つまり、残りの15点を4台に配分するというシステムだ。

不肖木下隆之も、選考委員の末席を汚している身、毎年この時期になると頭を悩ませる日々が続く。だって、どのモデルも魅力的だからだ。

No image

トヨタ新型「16代目クラウン」と豊田章男社長

5台に配点しなければならない。つまり、残りの6台は0点である。かといって、まったく評価していないわけではなく、この投票システム上、たまたまそうなっただけ・・・なのである。とても心苦しいのである。

こうして媒体でコラムなど綴らせてもらっている立場上、読者の方々の気持ちも気なる。

「キノシタ、あれに0点かよ」

「まさかあれに満点入れているよ」

大賞の配点は全て公表されるから、僕の考えや評価が白日の元に晒されるわけで、となれば、僕の評価も気になるというわけだ。

おそらく「日本バイク・オブ・ザ・イヤー」の選考委員の方々もたいそう悩んでおられよう。だがこっちは僕は選考委員ではなく、一読者だから気が楽だ。

「マジかよ、あんなバイクに加点しているよ・・」

などと選考委員評価を楽しもうと思う。

木下隆之

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加