アザールの「マリカー伝説」!サラーの「ほぼメッシ伝説」がおもしろい

アザールの「マリカー伝説」!サラーの「ほぼメッシ伝説」がおもしろい

  • Qoly
  • 更新日:2021/02/23
No image

UEFAチャンピオンズリーグの舞台で対戦するチェルシーとアトレティコ・マドリー。

両チームでプレーしたブラジル人DFフィリペ・ルイスが『Guardian』のインタビューに答えた。

チェルシー時代のエデン・アザールとモハメド・サラーについてこんな話を明かしていたぞ。

フィリペ・ルイス「(当時のチェルシーには)凄い選手たちがいた。エデン・アザール、ファブレガス、ジエゴ・コスタ。ネイマールと並んで、エデンは僕がプレーしたなかで最高の選手だ。リオネル・メッシに匹敵するよ、ひとりで試合を勝たせることができる。ディフェンスのためにはあまり走らないし、あまり練習もしない。試合の5分前までロッカールームで『マリオカート』で遊んでいる。靴ひもがほどけた状態で練習もウォームアップもする。でも、試合になると誰もボールを奪えない。3,4人をドリブルで抜く。相手が近づき過ぎると引き離される、とてもパワフルだからね」

「サラーには練習で苦しめられたよ…。彼がフィオレンティーナに移籍した時、『なぜ行くんだい?ここはチェルシーだよ』と聞いたんだ。彼から『プレーする必要がある』と言われ、『この子はいい』と思ったね。彼は金やもっと勝つために移籍したのではなく、自分はプレーできると証明するために行った。練習での彼はメッシみたいだった。本当にメッシだよ。誰かに聞いてくれ」

ゲーム『マリオカート』を試合直前までプレイしているアザールだが、ピッチに立つとメッシレベルのプレーを見せていたとか。

【動画】アザールもハマる『マリカー』を101人同時でプレーしてみた

そして、サラーは練習場ではまるでメッシのように凄かったそう。

オスカルもこれと全く同じ話をしており、チェルシーでは成功できなかったサラーだが、練習では無双していたようだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加