DeNA、19日から観客数上限を1万6000人に拡大 新設ウィング席に入場可能

DeNA、19日から観客数上限を1万6000人に拡大 新設ウィング席に入場可能

  • フルカウント
  • 更新日:2020/09/17
No image

新設ウィング席が加わった横浜スタジアムペーパークラフト【写真提供:横浜DeNAベイスターズ】

19日からの巨人戦2戦、29日からのヤクルト3連戦で特典付きチケット販売

横浜スタジアムに新設されたウィング席が、いよいよファンに開放される。DeNAは19日からの大規模イベントにおける観客数上限の緩和措置に伴い、同日以降の主催試合を上限1万6000人に拡大すると発表した。これに伴い、今季から新設したウィング席を含む各席種のチケットが販売されることとなった。

コロナ禍により無観客でスタートした今季だが、7月10日から上限5000人として有観客試合を実施。今回の規制緩和を受けて、球場はさらなる盛り上がりを見せることになった。

DeNAは、ここまで球場で応援したい気持ちをグッと我慢し、ステイホームで声援を送り続けたファンに感謝の想いを込めて、特典付き限定チケットを販売する。19日、20日の巨人戦2戦では全席種を対象に、横浜スタジアムペーパークラフト付チケットを発売。29日からのヤクルト3連戦では、一部座席を除き、YOKOHAMA STAR☆NIGHT 2020Supported by 横浜銀行スペシャルユニホーム付きチケットを発売する。

詳しい情報は球団公式ホームページまで。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加