「1つ貢献できた」 広島守護神、浦和GK西川周作との“好セーブ合戦”に意地

「1つ貢献できた」 広島守護神、浦和GK西川周作との“好セーブ合戦”に意地

  • FOOTBALL ZONE
  • 更新日:2022/05/14
No image

浦和GK西川周作と広島GK大迫敬介(※大迫は昨年のもの)【写真:Getty Images & 高橋 学】

スコアレスに終わった試合をスキッベ監督は「両GKが堅い守備をした試合」と評価

浦和レッズとサンフレッチェ広島が埼玉スタジアムで戦った5月13日のJ1リーグ第13節は0-0の引き分けに終わったが、両チームのGKの活躍が際立ったゲームにもなった。広島のミヒャエル・スキッベ監督は試合後、「互いにシュートチャンスがあり、両GKが堅い守備をした試合だった」と振り返った。

特に広島のGK大迫敬介は枠内シュートを弾き出すプレーが際立った。後半にはペナルティーエリア内に侵入してきたMFダヴィド・モーベルグ、FWキャスパー・ユンカーのシュートを相次いで弾き出し、MF松尾佑介が放ったミドルもスリッピーなピッチでショートバウンドの難しいボールを正確に弾いた。いずれも弾いたボールをゴール前にこぼすことなく、二次攻撃のチャンスを与えていないことも技術的に評価されるべき部分だろう。

試合後の記者会見に出席した大迫は、この日のプレーについて「相手のチャンスを最後に止めたのは自分かもしれないけど、そこまでにコースを限定してくれたおかげで守れた。周りの選手も関わったうえで守れたと思う。スリッピーでボールが滑りやすいコンディション。掴むところと大きく弾くプレーの使い分けをハッキリしようと確認していた。モーベルグ選手は左利きでカットインしてくると分かっていたし、試合前から映像で見てファーではなくニアに来ると予測もできていたので生かせた」と話した。

一方で浦和のGK西川周作もまた、MF松本泰志がゴール正面から放った勢いあるミドルを鋭い反応で弾き出し、ほかにもグラウンダーのシュートをこぼすことなくキャッチングする安定感を見せた。西川はこの日の会見に出席しなかったが、以前の対戦でも古巣の広島から五輪代表やA代表へとチャンスを掴んでいく若手との共演を楽しみにしているという言葉を残していた。

大迫は西川との対戦に、「前回、僕がここで試合をした時は負けたし、西川選手のビッグセーブで苦しめられた。攻撃で上手くいかなくても自分のところはゼロで抑えようと。そこは1つ貢献できたと思う」と話している。

13歳差のある両守護神だが、どちらもチームに勝ち点をもたらし、あるいは相手に勝ち点を与えない好セーブを見せたゲームだった。

スキッベ監督は「今日の試合はJリーグの中でもいい試合だったと思う。レベルの高いチームが競い合った素晴らしいゲーム展開の中で行われた」と話したが、その立役者にゴール前で存在感を放った2人がいたことは間違いないと言えるはずだ。(轡田哲朗 / Tetsuro Kutsuwada)

轡田哲朗

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加