香取慎吾がダメ夫に! 「夫婦とはなにか」を考えさせられる映画が公開

香取慎吾がダメ夫に! 「夫婦とはなにか」を考えさせられる映画が公開

  • fumumu
  • 更新日:2022/09/23
No image

(©(C)2022“犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS)

香取慎吾さんと、岸井ゆきのさんが、結婚4年目の夫婦役を演じる『犬も食わねどチャーリーは笑う』が9月23日に公開。

コメディに定評のある市井昌秀監督が脚本も手がけ、「平凡で情けなくダメな」夫と、「笑顔の片隅で毒を盛る」妻のすれ違いを描き、「夫婦とはなにか」を考えさせられる本作。その魅力を探ってみましょう。

画像をもっと見る

■「旦那デスノート」がきっかけ

No image

(©2022“犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS)

ホームセンターの副店長として働く田村裕次郎(香取さん)と日和(岸井さん)は、結婚4年目を迎える夫婦。

表向きは仲のいい2人ですが、じつは日和はチャーリーという名前で、SNSの「旦那デスノート」に裕次郎への不満を投稿していたのです。

No image

(©2022“犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS)

チャーリーとは、田村夫婦が飼っているフクロウの名前。裕次郎は偶然、その投稿が自分のことだと気づいてしまうのですが…?

関連記事:草なぎ剛が映画『サバカン SABAKAN』で魅せる佇まいは必見

■「システム」に従えば

No image

(©2022“犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS)

「結婚って、夫婦って、男と女って、一体なんなんだろう? なんだか厄介で面倒なものを抱えて、どこへ向かっているのだろう?」と疑問を抱いた市井監督は、「わからないのその先を、香取慎吾さんと岸井ゆきのさんで見たいと思いました」と語ります。

劇中では、「結婚」や「夫婦」などの象徴として、「システム」という言葉が登場。田村夫婦はシステムに従って結婚し、夫の裕次郎が務めるホームセンターには品物がシステムに従って並び、まさに私たちの生活は、システムに従えば安泰なように見えます。

ところが、そうは簡単にいかないのが人間の営み。システムに従ったはずの夫婦は互いの不満を抱き、整然と並べたはずの品物は乱れたりもします。

■外れた時に見えてくるもの

No image

(©2022“犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS)

ではシステムから外れたら、どうすればいいのでしょう? それは、システムに従った個々に委ねられています。

香取さん扮する裕次郎は、「平凡で情けなくダメな」夫ですが、勤務先のホームセンターで、商品説明をお客様にする姿はとてもかっこよくて頼もしく、岸井さん演じる日和は、「笑顔の片隅で毒を盛る」妻ですが、その裏に密かな悲しみを抱えています。

もしかすると私たちは、システムに従ったことで安心し、大事なものをいつのまにか見過ごしているのかもしれません。逆に、システムから外れた時、改めて気づくものもあるのかも。田村夫婦の姿から、自分が従っている「システム」について、考えてみるのもいいでしょう。

・合わせて読みたい→佐藤健が凜々しい! 主演映画『サムライマラソン』予告編解禁

(文/fumumu編集部・尾藤もあ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加