ロッテ沢村が“慌てず”無失点!味方のミスもカバー スプリット連投で近藤を併殺斬り

ロッテ沢村が“慌てず”無失点!味方のミスもカバー スプリット連投で近藤を併殺斬り

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/16
No image

8回から登板し躍動するロッテ・沢村拓一=ZOZOマリン(撮影・開出牧)

「ロッテ-日本ハム」(16日、ZOZOマリンスタジアム)

ロッテ・沢村拓一投手が4点リードの八回に3番手で登場し、1回を1安打無失点。味方のミスをカバーし、無失点でしのいだ。

9日のソフトバンク戦以来、中6日でのマウンド。先頭・平沼は154キロで二ゴロに打ち取ったが、二塁手・中村奨が捕り損ない、失策となって出塁を許した。だが、沢村は慌てない。続く近藤に対してはスプリットを5連投、6球目の149キロで二ゴロ併殺に仕留めた。4番の中田は155キロ直球を右前に運ばれたが、続く渡辺を154キロ直球で空振り三振に仕留めた。

沢村は巨人から移籍後、試合前まで13登板で0勝1敗1セーブ、防御率1・42。勝ちパターンの一角、“8回の男”として役割を果たしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加