侍J栗山監督、WBCでの大谷翔平の“二刀流起用”を示唆「できる限りのことはお願いする」

侍J栗山監督、WBCでの大谷翔平の“二刀流起用”を示唆「できる限りのことはお願いする」

  • フルカウント
  • 更新日:2022/11/25
No image

侍ジャパン・栗山英樹監督【写真:荒川祐史】

NPBアワードで登壇

野球日本代表「侍ジャパン」の栗山英樹監督が、来年3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)での大谷翔平投手の起用法について言及した。

25日に行われた「NPB AWARDS 2022 supported by リポビタンD」内で登壇した栗山監督は、大谷の起用法について問われると、「二刀流は難しんじゃないかとみなさん心配してくださっていますけど、ベースとして考えているのは日本が勝ちきるためにできる限りのことは選手にお願いする。そのベースは変わっていない。聞いてくれるんじゃないかなと思っています」と二刀流での起用も示唆した。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加