パニックバイを否定したテン・ハグ監督、補強プランは「適切な選手だけ」

パニックバイを否定したテン・ハグ監督、補強プランは「適切な選手だけ」

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/08/05
No image

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が、シーズン開幕戦に向けた記者会見に出席。補強について言及した。

【動画】【プレミアリーグ殿堂入り】ウェイン・ルーニーのキャリア

5日、2022-23シーズンのプレミアリーグが開幕。クリスタル・パレスvsアーセナルの一戦で幕を開ける。

ユナイテッドは7日にブライトン&ホーヴ・アルビオンとの開幕ゲームを控えている状況。そのユナイテッドだが、今夏は思うような補強が進んでいない状況。退団する選手が多く、特に中盤の補強が足りていない。

特にバルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングは当初から狙っているとされる中、未だ進展はない状況だ。

記者会見で補強について問われると、チームとしては補強を進めたい意向があるものの、間違った選手を連れてくる気はないと、焦ってはいないとした。

「現在のチームは順調に進んでいる。今までの補強に満足している。我々は、ただ選手を必要としているわけではない。適切な選手が必要であり、それが我々が協力しているポイントだ」

「もし適切な選手でないのであれば、必要はない。それならば、今のメンバーで満足だ。適切な選手だけが必要だ」

「適切な選手はたくさんいる。ただ、他のクラブと契約している選手についてはコメントしない」

「今のメンバーで仕事をし、そして今のメンバーの中で選手を育てる。今この瞬間も、そこのポジションには選手がいて、彼らはハードワークしてくれている」

パニックバイをする気はないと語ったテン・ハグ監督。補強したい選手には言及しなかったが、お目当ての選手を獲得することはできるだろうか。

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加