警察署長と副署長がコロナ陽性 署の懇親会で同席 福岡県警

警察署長と副署長がコロナ陽性 署の懇親会で同席 福岡県警

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2022/11/25
No image

"福岡県警八幡東署"

福岡県警は25日、八幡東署のいずれも50代の署長と副署長が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

子どもの安全守れ、北九州市の幼稚園でAI使った実証事業開始

厚生課によると、署長らは22日と24日、飲酒を伴う署の懇親会に出席した。

25日、会に参加した刑事課長が発熱し、新型コロナの陽性が判明。署長らはPCR検査の結果、陽性とわかった。無症状という。

県警では過去、署長と副署長が同時に感染し、不在となることはなかったという。

署長らは最短で30日まで自宅待機となり、不在中は県警刑事部の警視が署長と副署長業務を代行する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加