丸川五輪相、五輪スタッフや国内メディアのワクチン接種「調整進んでいる」

丸川五輪相、五輪スタッフや国内メディアのワクチン接種「調整進んでいる」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/06/11
No image

閣議後会見を行った丸川珠代五輪相(撮影・近藤由美子)

丸川珠代五輪相(50)が11日、閣議後の会見で、東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの会場スタッフや国内メディアへのワクチン接種について「調整が進んでいることを承知している」と話した。

丸川氏によると、大会関係者に含まれる各競技場の会場スタッフやメディアらに対しても、米ファイザー社からのワクチン無償提供の対象者にと、国際オリンピック委員会(IOC)から組織委に提案があった。「選手と接触しうる方と大会運営に不可欠な人を対象者として、IOC、組織委らと具体的な対象者を固め、カテゴリーなどを精査して決めていく」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加