広島森下2連勝「行かせてください」セ完封一番乗り

広島森下2連勝「行かせてください」セ完封一番乗り

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/04/06
No image

ヤクルト対広島 勝利インタビューを終え、ガッツポーズで写真に納まる森下(撮影・河田真司)

<ヤクルト0-2広島>◇6日◇神宮

広島森下暢仁投手(23)が自身2度目、今季セ・リーグ一番乗りの完封で、開幕2連勝を飾った。

「9回行かせてください」と佐々岡監督に直訴し、向かった2点リードの最終回。1死三塁から、塩見にこの日最速152キロの直球を内角に決めて見逃し三振。最後は元山を直球で二ゴロに斬った。「抑えることができてよかった」。9回6安打無失点で、ヤクルト戦はプロ入り無傷の4連勝だ。

ピンチで強かった。1点リードの6回、2死二、三塁から、前の打席で14度目の対戦で初ヒットを許した村上を迎えた。「4番とか関係なく、点を取られたくなかった」。ギアを上げ、渾身(こんしん)の高め直球で空振り三振。序盤こそ制球を乱したが尻上がりに調子を上げ、着実にアウトを積み重ねた。

能力の高さから、投手陣の中で変化球の投げ方など質問攻めにあう右腕は、学生時代から影響力は大きかった。ドラフト1位栗林とは大学日本代表のチームメート。栗林は「森下が無意識にやっていたんですよね」と当時森下がブルペン入りした際に、プレートの後方から投げ始めていたことにヒントを得た。「捕手が近く感じると思った。これは続けた方がいいのかなと」。そこから栗林のルーティンとなり、現在でも継続している。森下の存在が、栗林を広島へと導いたといっても過言ではない。

昨季新人王の右腕は、開幕から15イニング連続無失点と無敵を誇る。大瀬良、九里ら他の先発陣も快投を続けており「みんなよりも1つでも多く勝てたらという思いで、今シーズン臨んでいます」とニヤリ。6連戦の頭を白星で飾り、チームを2位浮上へ導いた。鯉の背番号18が、覇権奪回の使者となる。【古財稜明】

広島佐々岡監督(森下について)「調子が良くない中で粘り強く投げてくれた。(9回は)本人が『行かせてくれ』と。本当に行きたいという目をしていた。信用してよかった。最高の勝ち方だった」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加