仙台518日ぶりホーム白星 手倉森監督「ここからが新たなベガルタの始まり」

仙台518日ぶりホーム白星 手倉森監督「ここからが新たなベガルタの始まり」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/02
No image

仙台・手倉森監督

「明治安田生命J1、仙台1-0柏」(1日、ユアテックスタジアム仙台)

仙台は柏を1-0で破り、今季初勝利を挙げた。

泥臭く勝利のために戦い抜いた。仙台は序盤の劣勢を耐えて、後半23分にFW西村が右クロスを頭で合わせる決勝弾。2019年11月30日(大分戦)以来518日ぶりのホーム白星をつかんだ。手倉森監督は「心待ちにしていた勝利、呪縛から解き放たれた感覚」と、かみしめた。

午前中に宮城県内では震度5強の揺れを観測。それでも、今季初勝利を見届けようとスタジアムに駆けつけた4292人のファン、サポーターのために負ける訳にはいかなかった。

11年の東日本大震災の時も仙台を率いていた手倉森監督は「あの頃はよくホームで勝っていたなと。今日の地震で思い起こされた」。12年にリーグ2位、13年にはアジア・チャンピオンズリーグ出場を果たすなど強かった仙台を想起し、「勝ってみせよう」と選手を勝利へ奮い立たせた。

今季は4チームが降格する厳しいシーズン。「ここからが新たなベガルタの始まり」と指揮官。震災から10年、被災地の希望となるためにもここから巻き返す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加