怖っ!! 静かな家に響く突然の「いってらっしゃーい」⇒現れたのは...

怖っ!! 静かな家に響く突然の「いってらっしゃーい」⇒現れたのは...

  • マイナビ子育て
  • 更新日:2022/11/25

同じ敷地内に住むお姑さん。その距離、徒歩5秒。呼び名は「ボス」! 軽やかで自然体な嫁姑関係を描くコミックエッセイが、「ステキ!」「ボス、好き~」とInstagramでも人気の多喜ゆいさん。今回は、ボスのお昼寝のお話です。

ほかのお話はこちら

いつも元気なボスが寝不足でヨロヨロに……

No image
No image
No image
No image
No image

寝たいときに限って、続々と来訪や電話が! タイミングが悪いときって重なりますよね~。

ゆいさんいわく、「なぜかは分からないのですが、昼寝しようとすると必ず邪魔が入るらしくマトモに寝られない」のだそう。普段からたくさんの人に慕われているボスならではのお悩みですね……。

今回の回覧板のように、ご近所さんがインターホンを押さずにガラッと玄関のドアを開けてやってくることもあるらしく、ゆいさんは「鍵をかけとけばいいのに」と何度も言っているんだとか。でも、「昼から鍵を閉めていたら近所から不審がられる」と、ボス。うーん、難しい!

次回の更新は12/2(金)の予定です。お楽しみに♪

(漫画:多喜ゆい/文:マイナビ子育て編集部)

<関連リンク>
サイコーに悪い顔で嫁をたぶらかす義母! この一言は100人中100人が負けるわ…『姑とヨメのツッコミ上等!』

義母「ワシなんかこれくらいの暑さ…」⇒娘が放った一言が沁みた『姑とヨメのツッコミ上等!』

義母がボケてしまった原因は…私!? 誰しも一度は経験した“あるミス”が思わぬ方向に!『姑とヨメのツッコミ上等!』

多喜ゆいさんのプロフィール

神戸育ち。結婚して、奈良の田舎にある夫の実家の土地で暮らすことに。
中高生の娘姉妹2人と夫に加え、敷地内で姑とも同居しているイラストレーター。

HP「多喜ゆいillustrations」
Instagram@takiyui

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加