マエケン 2勝目の権利持って降板 6回途中無失点 8奪三振の力投

マエケン 2勝目の権利持って降板 6回途中無失点 8奪三振の力投

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/05

ツインズの前田健太投手(33)は3日(日本時間4日)、ミネアポリスでのレンジャーズ戦に今季6度目の先発登板。2回は1死一、二塁のピンチを招くが、7番・カイナーフェレファをスライダーで遊ゴロ、8番・カルバーソンを92マイル(約148キロ)の直球で空振り三振。3回も2死一、二塁で4番・ギャロと対戦するが、92マイルの直球で空振り三振とピンチで力投を見せた。

No image

レンジャーズ戦に先発したツインズ・前田健太(AP)

前田はこの日8奪三振。特に直球で3つの空振り三振と追い込んでからの力勝負が好結果をもたらした。

味方が2回、3回に1点ずつ得点、前田は6回表先頭のソラックを三ゴロに打ち取ると、勝ち投手の権利を持って降板した。ターゲットフィールドの地元ファンは立ち上がって拍手で好投をたたえた。球数94球、ストライクは54球。最速は93マイル(約149・6キロ)だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加