【サッカーW杯】 第2戦に向け商戦も活気 “おうち観戦”に向けスーパーはビールなどを準備 スポーツバーには多くの予約 静岡市

【サッカーW杯】 第2戦に向け商戦も活気 “おうち観戦”に向けスーパーはビールなどを準備 スポーツバーには多くの予約 静岡市

  • 静岡第一テレビ
  • 更新日:2022/11/29
No image

優勝4回を誇る強豪・ドイツを下したことで一気に盛り上がったサッカーW杯。27日のコスタリカ戦へW杯商戦も活気づいている。静岡市内のスーパーが“おうち観戦”用ビールやおつまみ類の品揃えを充実させる一方、スポーツバーも予約で埋まったという。

優勝4回を誇る強豪・ドイツを下したことで一気に盛り上がったサッカーW杯。27日のコスタリカ戦にむけW杯商戦も活気づいている。

23日のW杯初戦、ドイツ戦。清水エスパルスの権田選手が神セーブを連発すると…。堂安選手、浅野選手のゴールで劇的な逆転勝ち!県内も歓喜に包まれた。

決勝トーナメント進出をかける重要なコスタリカ戦にむけ、W杯商戦が盛り上がりを見せる中、25日、静岡市内のスーパーに行ってみると…。試合が行われるのは日曜日の夜ということもあり、“おうち観戦”需要に応えようと、ビールやスナックなどのおつまみ類の品揃えを充実させたいと意気込んでいた。

(スーパー田子重 西中原店 天野 克彦 副店長)

「ドイツ戦に勝ってくれたので、お客様の関心も高まっていると思う。夕食時に重なる方も多いと思うので、そういったところで購買意欲がわいて、売れるといい」

買い物客に聞いてみると…。

(80代男性)

「コスタリカ戦はやっぱり自宅観戦だね。こないだ2点入ったから今度は余裕をもって3点ぐらい入ればいいかな」

(30代夫婦)

「家で子どもたちと一緒に見ようと思っていて。夕飯を食べながら見るか、早めに夕飯済ませてしっかりサッカーに集中して見ようかと思う。かつ丼とか、縁起物、冬だから鍋を食べたい」

この週末にかけては唐揚げや焼きそば、お好み焼き、ピザなど、おつまみとしても食べられる総菜コーナーの品ぞろえを増やすなどして売り上げアップに期待を寄せている。

(スーパー田子重 西中原店 天野 克彦 副店長)

「おうちで観戦するという人も多いと思うので、そういったお客様のニーズに応えるようしっかり品揃えしたい」

一方、静岡市葵区にあるスポーツバーでは、コスタリカ戦がある27日は、ほとんど予約で埋まったという。

(グローストック 山本 裕一郎さん)

「65人のキャパで、(予約が)60は超えているのであと数席。予想以上に問い合わせが多い」

今回のW杯に合わせて大型スクリーンを追加したというこのスポーツバー。23日のドイツ戦も満席となり、大いに盛り上がったという。席には日本代表のユニホームやタオルも置かれていて、27日に向けて準備万端だ。

(グローストック 山本 裕一郎さん)

「商品の売れ行きに関しても来客の面でもW杯効果はありがい。お客さまが目いっぱい応援できるスペースを提供できればと思っている」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加