“過度な円安”に歯止めは? 24年ぶり“為替介入”...財務大臣「一定の効果が数字に」

“過度な円安”に歯止めは? 24年ぶり“為替介入”...財務大臣「一定の効果が数字に」

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/09/23
No image

動画を見る(元記事へ)

急速な円安に歯止めを掛けるため、政府・日銀は22日、ドルを売って円を買う「為替介入」に踏み切った。1998年6月以来、およそ24年ぶりとなる。

■“伝家の宝刀”24年3カ月ぶりに

岸田文雄総理大臣:「過度な変動に対しては、断固として必要な対応を取りたい」

政府・日銀は22日、過度な円安に歯止めを掛けるため、“伝家の宝刀”為替介入を行った。

財務大臣が日銀に指示を出し、為替市場で通貨を売買。為替相場の安定を図ろうとする手段だ。

ドルを売って円を買う為替介入は、銀行の不良債権問題などで景気が低迷していた1998年6月以来、24年3カ月ぶりだ。

■一時1ドル146円迫る“円安水準”

なぜ、政府・日銀が為替介入をするほど、円安となったのか。

日銀・黒田東彦総裁:「当面、金利を引き上げるようなことはないと言っていい」

22日、日銀は大規模な金融緩和の維持を決定した。

すると、日米の金利の差が拡大するとの見通しから、円安はさらに加速。会見中にも、円相場は下落。一時、1ドル146円に迫り、24年ぶりの円安水準を更新した。

■財務大臣「一定の効果が数字に」

そして、黒田総裁の会見から、およそ40分後。

財務省・神田眞人財務官:「先ほど、断固たる措置に踏み切った」「(Q.断固たる措置とは為替介入でいいか?)そうです」

1ドル145円後半まで進んでいた為替は、政府・日銀の介入を受け、一時1ドル140円台まで円高に反転した。

鈴木俊一財務大臣:「(Q.狙い通りの効果は上げられた?)今の動きをどう判断するかということだと思うが。もちろん、今時点において、一定の効果が数字の上に表れていると理解している」

(「大下容子ワイド!スクランブル」2022年9月23日放送分より)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加