宮迫博之に手越祐也...半グレが語る”芸能人との関係”「夜の街で知り合う接点はあった」

宮迫博之に手越祐也...半グレが語る”芸能人との関係”「夜の街で知り合う接点はあった」

  • 文春オンライン
  • 更新日:2020/10/16

「西の関東連合を目指す」大阪・ミナミの半グレはなぜ増えたかから続く

2010年の朝青龍事件や市川海老蔵事件、そして、2019年に報じられた「雨上がり決死隊」の宮迫博之(当時49)や、 「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮(当時47)らの「闇営業」事件。この10年、“半グレ”と呼ばれるヤクザ者と、芸能界の深い関係が明らかになってきた。“半グレ”はどのように生まれ、どうして芸能界に接近したのか。2004年から2019年までの15年間、 『週刊文春』の特派記者としておもに刑事、公安事件の取材・執筆を担当してきた大島佑介氏の著書、『半グレと芸能人』(文春新書)より、一部を抜粋して紹介する。

◆◆◆

金塊強奪犯と一緒に飲んだ宮迫

吉本興業の闇営業問題は、世間に改めて半グレと芸能界との関係性を浮かび上がらせることとなった。

そして、闇営業問題を最初に報じた『FRIDAY』は、2019年8月2日号で芸人の宮迫博之が当初問題となった詐欺グループとは別の半グレと一緒に写っている写真を掲載した。大阪・キタのキャバクラで反社会的勢力と一緒にポーズを決めている写真は波紋を呼んだ――。

No image

『FRIDAY』 2019年8月2日号

宮迫と笑いながら写真に収まっていた人物は、2016年7月に福岡県・JR博多駅近くのビルの前で白昼堂々、約7億6000万円相当の金塊を強奪したとして、翌年5月に逮捕された名古屋の半グレの野口和樹(当時42)だった。

『FRIDAY』によると、野口は福岡で金塊を強奪した約3週間後、北新地にあるキャバクラを訪れて宮迫と酒杯を交わしたという。その時の様子を店の関係者が同誌で次のように証言している。

「彼(野口被告)らのグループは男性陣が4人ほどでした。彼らが座ったテーブル席の奥にある個室で宮迫さんが仲間と飲んでいたんです。男性4人の中の一人が宮迫さんと知り合いだったみたいですね。宮迫さんが彼に気づいて挨拶していた。そこで一緒に乾杯しようということになって、高級なシャンパンを注文していました」

闇営業問題に追い打ちをかけるように掲載されたこの記事には、宮迫が野口と同席していた男性から謝礼として5万~10万円の金銭を受け取っていたという関係者の証言も載っている。

だが、宮迫本人は一連の闇営業問題を受け、ロンドンブーツ1号2号の田村亮と2019年7月に行った記者会見の際、「トイレから出てきたところで頼まれて撮影された」「ギャラは受け取っていない」と金銭の授受を否定し、野口とも面識はなかったと主張したものの、この写真を掲載した『FRIDAY』が発売された7月19日に吉本興業から契約解消されている。

自動車窃盗がメインのシノギ

金塊強奪事件で2019年1月に懲役9年の一審判決を受けて控訴し、棄却され、その後も上告をしたものの取り下げて、同年12月に懲役9年の実刑判決が確定した野口は、控訴棄却後に上梓した著書『半グレと金塊    博多7億円金塊強奪事件「主犯」の告白』(宝島社刊)で、自らの半生を綴るとともに、宮迫との関係と写真が撮られた夜について次のように言及している。

「写真が撮影されてから約3年後の2019年6月、吉本興業所属の芸能人が、事務所を通さない仕事、いわゆる『闇営業』に走っていたことが報道され、その相手に振り込め詐欺グループなどの反社会的勢力が含まれていたことから、騒ぎが大きくなった。

宮迫さんは、まずこの闇営業問題で名前が挙がり、金銭の授受を当初否定した。しかし後になってそれが嘘だったことが分かり、本人も認めたために、吉本興業から謹慎処分を受け、さらに契約を解消された。私との写真が『FRIDAY』に掲載されたのは、その直後のことである。(中略)

あの日、私たちと宮迫さんが酒席をともにしたのは事実だ。私たちのグループの席に宮迫さんが来て、せっかくだからと高級シャンパンで乾杯をした。ただ、それだけだ」

そして、宮迫と酒席をともにしたことは認めながらも、肝心の金銭の授受については「私から何かを話すということは控えたい。芸能人との交流について明かすということは私の流儀に反するし、それを証言するということに対する意味も見いだせない」と明言を避けている。

野口和樹は岡山県の出身で、幼少のころに両親が離婚し、母親らとともに名古屋に引っ越した。中学生のころから「本格的にグレはじめ」たと著書のなかで明かしている。年子の三兄弟だった野口は、中学生時代から兄弟そろって名古屋のワルとして暴れまわり、中学卒業後には名古屋の暴走族「ジャパン魔悪怒(マッド)スペシャル」に加入したという。

無免許で単車を乗り回す生活をつづけながら、17歳の時に強盗致傷罪で少年院に入院。退院して右翼団体に一時籍を置いていたこともあるというが、退院一年後には大麻取締法違反容疑で逮捕され、今度は特別少年院に入院するなど、少年時代から矯正施設を出たり入ったりの生活を繰り返していたようだ。

愛知県警担当記者が野口について補足する。

「愛知には主に風俗を生業とするT兄弟や窃盗集団のI三兄弟ら有名な半グレがいるのですが、野口三兄弟もその一角として捜査関係者の間では知られた存在でした。少年院を出てからの野口は、三兄弟の長兄・直樹(金塊強奪事件で逮捕)と自動車窃盗や投資詐欺を繰り返していました。利害が一致すると暴力団と組んで仕事もしていたようですが、一つの組に属していたことはありません」

一時はパーティーイベンターとしても活動し、芸能人の友人も数多くいたという野口だが、

「『FRIDAY』で報じられた宮迫との写真も本人が著書で語っているように、たまたま店で会っただけで、それ以上の関係性は確認できていません。捜査当局はあくまでも彼らのメインのシノギは自動車窃盗と投資詐欺だと見ています。そうしたことからも彼らにとって芸能人と一緒に写真を撮ることは、自身やグループを大きく見せるための手段だったように思えます」(同前)

手越祐也との写真

だが、こうした捜査当局の見方とは別に、野口にも関東連合と共通するように、夜の街で「芸能人と知り合うような接点はあった」と証言する人物が存在する。

その人物とは、野口が盗んだ金塊の換金に携わったとして、盗品等処分あっせん容疑で逮捕された小松崎太郎氏(当時40)、通称「ミロク」と呼ばれる人物だ。彼は友人からどうしたら金塊を換金できるか相談を受け、上野の貴金属店経営者をつないだのだが、金塊強奪犯グループの一人と疑われて野口らと一緒に逮捕された。

だが、その金塊がどのような素性のシロモノかを一切知らされておらず、金塊強奪とは無関係だったため、20日間の勾留後に不起訴処分となっている。

その一方で、彼が自身のフェイスブックにアップしていた、一枚の写真が事件後にネットで話題となり、逮捕勾留中に一部マスコミに報じられる騒ぎにまでなってしまった。

「金塊窃盗容疑者と写真の手越祐也さん『面識なかった』」

〈福岡・博多で昨年7月に約7億5千万円相当の金塊が盗まれた事件で、逮捕された容疑者のものとみられるフェイスブック(FB)に、アイドルグループ「NEWS」の手越祐也さんと一緒に写った画像が載せられていた。所属するジャニーズ事務所は26日、朝日新聞の取材に対し、手越さん本人と認め、「(容疑者と)面識はなかったが、本人も軽率だったと反省している」と説明した〉(『朝日新聞デジタル』2017年5月27日配信)

同記事によると、手越の所属するジャニーズ事務所(2020年6月に退所)は手越にヒアリングをしたところ、「お店でたまたま一緒になり、『一緒に撮って』と求められ、応じてしまった」「写真の人とは面識もない」と話したといい、事務所担当者は「手越のサービス精神が裏目に出てしまった」などと写真が撮られた経緯を説明したという。

(大島 佑介/文春新書)

大島 佑介

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加