衆議院解散で石川県内の前職らも臨戦態勢に 事実上の選挙戦に突入

衆議院解散で石川県内の前職らも臨戦態勢に 事実上の選挙戦に突入

  • テレビ金沢NEWS
  • 更新日:2021/10/14
No image

衆議院が14日、解散し、事実上の選挙戦が始まった。石川1区は自民党の小森卓郎氏。立憲民主党の荒井淳志氏。共産党の亀田良典氏。維新の会の小林誠氏の4人。石川3区は自民党の西田昭二氏と、立憲民主党の近藤和也氏の一騎打ちの構図が濃厚だ。

衆議院が14日、解散した。10月末の投開票に向けた事実上の選挙戦が始まり、石川県内の選挙区で出馬を予定する前職らも臨戦態勢に入っている。

岸田総理の就任から10日後での解散となった14日。これまでにない短期決戦に、石川県内の前職も身構える。

石川3区は、いずれも前職の自民党の西田昭二氏と、立憲民主党の近藤和也氏の一騎打ちの構図が濃厚。

2人の顔合わせは、前回に続き2度目だ。前回は接戦を制した西田氏。「選挙は1回1回厳しいものだと思っている。そのうえで、有権者の皆さんに自民党、西田昭二に信頼を頂けるように全力で取り組むのみ」「相手も頑張っている所でもあるし、私自身にとってもそれ以上にあとは頑張ればいいだけだと思っている」と、思いを口にした。

一方、比例復活に甘んじた近藤氏。「胸を張ってこの国会の場で仕事をするためには、今度こそ、選挙区で勝利させていただきたいと。この石川3区の代表は誰がふさわしいのかと、それは私だと。皆様に正々堂々と逃げずに訴えていきたいと思う」と意気込みを語った。

石川2区の自民党前職佐々木紀氏は。「いよいよ戦いが始まるなと身の引き締まる思い」「私も初心に帰って、しっかり地域を回って、有権者の皆さんの声をしっかり聞いて次の4期目にまた国会で頑張れるように頑張っていきたい」と述べた。石川2区には、共産党新人の坂本浩氏も出馬を予定している。

また、石川1区は、いずれも新人で、自民党の小森卓郎氏。立憲民主党の荒井淳志氏。共産党の亀田良典氏。維新の会の小林誠氏の4人の対決構図が固まっている。

県内の有権者はどんな選択をするのか。事実上の選挙戦が始まった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加