「形相」=「けいそう」...?読めたらスゴイ!《難読漢字》4選

「形相」=「けいそう」...?読めたらスゴイ!《難読漢字》4選

  • lamire
  • 更新日:2021/05/03

小学生でも読めるような漢字から大人でも読めないような漢字まで…漢字はいろいろあって全部を読めるという人はなかなかいませんよね…!そんな漢字を少しでも読めるようにすべく、今回は読めたらすごい難読漢字をご紹介していきますよ…!

(1)「掩蔽」

「掩蔽」という漢字はなんて読むか分かりますか?この漢字はある現象のことを指している言葉なんです。さて、それはいったい何でしょうか…!分かりましたか?この漢字は「えんぺい」と読むんですよ♪「えんぺい」という言葉、聞いたことはありますか?これはある天体が観測者とほかの天体の間を通過するときに、通過されるほうの天体が隠れてしまう現象のことを表していますよ…!

(2)「艶姿」

「艶姿」という漢字はなんて読むか分かりますか?この漢字、普通に読もうとすると「つやすがた」になってしまいますよね。でも、そんな言葉はありません…!ではどんな読み方をするのが正しいのでしょうか。この「艶姿」という漢字は「あですがた」と読みます。「艶姿」って知っていましたか?これは「なまめかしい姿」「色気のあふれたなりふり」を表していますよ。カンタンに説明すると、色っぽい姿に対して使うことができる言葉なんです。

(3)「閃光」

「閃光」という漢字はなんて読むか分かりますか?この漢字は今回紹介している漢字の中では比較的読みやすいものではないでしょうか…!さて、「閃光」という漢字、読み方はなんだか分かりますか?それでは正解を確認していきます。「閃光」という漢字は「せんこう」と読む「瞬間的に発する光」を表す言葉ですよ♪

(4)「形相」

「形相」という漢字はなんて読むか分かりますか?この漢字の読みはみなさんもよく知っている言葉ではないでしょうか♪それでは正解を確認していきますよ♪「形相」という漢字は「ぎょうそう」と読みます。「形相」とは怒りや嫉妬など激しい感情が表れている顔つきに対して使われます。会話の中では比較的なじみ深い言葉ですよね!

難読漢字、いくつ正しく読めた?

今回は4つの難読漢字をご紹介しましたが、いくつ読むことができましたか?どれも難しいですが会話の中では普通に使われているものもあるので、ぜひ覚えてみてくださいね♡

▶合わせて読みたい

「希う」=きうじゃないよ!読めそうで読めない【難読漢字クイズまとめ】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加