劇団EXILE 連続ドラマ初主演 18年公開映画の続編

劇団EXILE 連続ドラマ初主演 18年公開映画の続編

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/07/21
No image

ドラマ「JAM-」で共演する劇団EXILE・青柳翔と八代亜紀

劇団EXILEがABEMA「JAM-the drama-」(8月26日スタート。木曜、後10・00)にメンバー9人全員で出演し、ユニットとして連続ドラマ初主演を務めることが21日、分かった。18年公開の映画「jam」の続編で、元ラーメン屋店員やチンピラらの因果応報を描く群像劇。落ち目のアイドル演歌歌手を演じる青柳翔(36)と、本人役で特別出演の八代亜紀(70)とのデュエットシーンも盛り込まれる。

寡黙な青年・テツオ役の鈴木伸之(28)は、「映画の時にはセリフがなく、一匹狼のような役どころでしたが、今作では人との絆というところにも重きを置く、成長したテツオを皆さんに観ていただける」と予告。映画版からSABU監督(56)が続投で、町田啓太(31)は「前作よりもユーモラスで刺激的になっています。SABU監督の作り出す不穏感の中に潜むおかし味をぜひ体感してみてください」と呼びかけていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加