【新日本・G1】NJC覇者ザック・セイバーJr.が1敗死守  「史上初の同一年覇者になる」と〝春夏連覇〟予告

【新日本・G1】NJC覇者ザック・セイバーJr.が1敗死守 「史上初の同一年覇者になる」と〝春夏連覇〟予告

  • 東スポWeb
  • 更新日:2022/08/07
No image

アームバーで後藤洋央紀を葬ったザック・セイバーJr.

新日本プロレス真夏の祭典「G1クライマックス」6日大阪大会のCブロック公式戦で、ザック・セイバーJr.(35)が後藤洋央紀(43)を下し、3勝目を挙げた。

実力者同士の公式戦は、互いに一歩も譲らない高度な攻防の連続となった。GTR(変型首砕き)をヨーロピアンクラッチで切り返したザックは、PKを発射して反撃。しかし、追撃を狙ったところでカウンターのラリアートを浴びてしまう。

腕ひしぎ十字固めもロープブレークで逃れられると、一人消灯(変型GTW)を食らう。さらに強烈な左ミドルキックからGTWと、怒とうの猛攻にさらされた。それでもGTRをキャッチしたザックは、逆さ押さえ込みの動きから三角絞めに捕獲。踏みつけて逃れようとする後藤に対し、一気にジムブレイクスアームバーへと移行し、タップアウトを奪ってみせた。

「誰が世界最高のテクニカルレスラーだってこと、忘れたのか? 俺だよ。俺の実力を疑うんじゃない」と勝ち誇ったザックは、1敗を守って初優勝に前進した。

「『NEW JAPAN CUP』を2回優勝しても、東京スポーツの最優秀タッグを取っても『シアーネス・タイムズ・ガーデン』(ザックの地元の新聞)には取り上げられなかった。どんなストーリーなら興味を持ってくれるか知っているか? 俺がこのままG1を優勝して、史上初めて同一年のNJCとG1覇者になる。そうしたらさすがに興味を持ってくれるだろう」と、〝春夏連覇〟の偉業達成を予告していた。

東スポWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加