佐々木蔵之介 守銭奴役に「1ミリも共感できない。反面教師」と苦笑

佐々木蔵之介 守銭奴役に「1ミリも共感できない。反面教師」と苦笑

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/09/24
No image

芸術の魅力を語った(左から)片桐はいり、佐々木蔵之介、小池百合子都知事

俳優・佐々木蔵之介(54)が23日、東京・池袋西口公園野外劇場で行われた「東京芸術祭 2022 グランドオープン」に、片桐はいり(59)、小池百合子東京都知事(70)らと登場した。

期間中に上演される出演作「守銭奴 ザ・マネー・クレイジー」(11月23日~12月11日=東京芸術劇場プレイハウス)で演じる役柄について紹介。「息子、娘より金に愛情があるヤツ。1ミリも共感できない。反面教師です」と苦笑いで伝えた。

「非日常に変わることはなかなかない機会なので、肌で演劇を楽しんでもらえたら」と芸術祭に期待して、手話ソング「ありがとうの花」を登壇者全員で披露していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加