阪神・馬場、流れ渡さず0封「とにかく必死で投げました」

阪神・馬場、流れ渡さず0封「とにかく必死で投げました」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/10/14
No image

2回、巨人・坂本勇人を三ゴロに打ち取りグラブを叩く阪神・馬場皐輔 =東京ドーム(撮影・中井誠)

(セ・リーグ、巨人2-2阪神=九回規定により引き分け、24回戦、阪神12勝9敗3分、13日、東京D)先発した西勇が右肘の違和感を訴えて降板した二回2死三塁。マウンドに上がった馬場が坂本を三ゴロに打ち取り、三回は三者凡退。相手に流れを渡さなかった。「チームに流れをもってくるために、とにかく必死で投げました。抑えることができてよかった」。最後の打者・中田を三ゴロに仕留めると、右手を突き上げてガッツポーズだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加