『500円玉』よりも“大きい”さくらんぼ『やまがた紅王』 プレデビュー 知事も『さくらんぼのかぶり物』でPR

『500円玉』よりも“大きい”さくらんぼ『やまがた紅王』 プレデビュー 知事も『さくらんぼのかぶり物』でPR

  • TUYテレビユー山形
  • 更新日:2022/06/23

待ちに待ったプレデビューです。
さくらんぼの大玉新品種「やまがた紅王」(べにおう)の販売が、きょうから始まりました。

やまがた紅王は、さくらんぼ王国やまがたを代表する品種を作ろうと、山形県が1997年から開発に取り組んできました。

No image

山形県 吉村知事
「実に20年以上の歳月を要し、本日、プレデビューの日を迎えることができた。
多くの皆さまに大切に育てていただき、私としてはわが子を見守るような思いでいる」

No image

最大の特徴は実の大きさ。
500円玉よりも大きい直径25ミリ以上のもので、着色面積が50%以上のものだけがやまがた紅王を名乗ることができます。

No image

きょうは、山形市内の園児がお祝いの歌を披露したあと、知事からやまがた紅王が贈られました。
やまがた紅王を手に、園児たちも大喜び。

園児
(Q食べてどう?)
「おいしい」

No image

園児
「でっかい!」
(Q見たことある?)
「ない」

山形県
吉村知事
「何粒も一緒に食べたような口いっぱいになる。大満足してもらえると思う」

私も初めての一粒、いただきました。

報告 矢野秀樹
「皮がパリっとしていて果汁がはじける。上品な甘さと爽やかな酸味。
バランスが抜群。見た目も味も王様らしい鮮烈なデビューです」

山形紅王は、しっかりとした果肉で日持ちすることから、県外はもちろん、海外への販路拡大も期待できるということです。

山形県園芸大国推進課
佐藤寧 課長
「県をあげてブランド化に取り組んでいる。大きさ、美味しさ、食べ応えを実感してほしい」

No image

やまがた紅王プレデビューの今年は、およそ6トンの出荷が見込まれていて、県内ではJAの直売所などで販売されるということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加