明豊が5年ぶりの夏勝利 樹徳に打ち勝つ 今夏初登板の森山が好リリーフ

明豊が5年ぶりの夏勝利 樹徳に打ち勝つ 今夏初登板の森山が好リリーフ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/08/06
No image

6回、ライトへ適時三塁打を放つ明豊・牧野太一(撮影・伊藤笙子)

「全国高校野球選手権・1回戦、明豊7-3樹徳」(6日、甲子園球場)

明豊が試合後半に樹徳を突き放し、初戦を突破。5年ぶりの夏勝利を飾った。

初回、相手のミスで先制すると、嶽下、西村の連続適時打で3点を奪った。同点の六回には1死二塁から牧野が右翼への適時三塁打を放って勝ち越し。八回にも2本の長打などで3点を加えて試合を決めた。投げては野村、坂本、森山と継投で乗り切った。

樹徳は3点リードされた五回にチャンスを作り、亀井の適時三塁打などで同点に追いつくも、五回以外は無得点に終わった。先発の亀井が9回7失点。失策が失点につながるなど苦しい展開となった。

川崎監督はこの夏初登板の森山について「球の強さがある森山で打ち切りたいなと思った。期待しているピッチャーで、気持ちの強さ、冷静さ、場数も踏んでいる。自信を持って行けと伝えた」と振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加