モーグル堀島行真と川村あんり、五輪前最後のW杯でアベック優勝

モーグル堀島行真と川村あんり、五輪前最後のW杯でアベック優勝

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2022/01/15
No image

W杯モーグル第9戦で優勝し喜ぶ堀島行真(AP)

<フリースタイルスキー:ワールドカップ(W杯)>◇14日(日本時間15日)◇米ユタ州ディアバレー

モーグル第9戦が行われ、男子は堀島行真(24=トヨタ自動車)が、女子は川村あんり(17=東京・日体大桜華高)がそれぞれ制し、北京オリンピック(五輪)前の最後のW杯を最高の結果で締めくくった。堀島と川村のアベック優勝は昨年12月のスウェーデン・イドレ大会に続いて2度目。

今季3勝目の堀島は、今シーズンは9戦すべて表彰台と、安定した成績をマーク。「好調をキープしたまま五輪に行きたい。コロナの状況に気をつけながら頑張りたい」と話した。通算11勝目は、上村愛子を抜いて日本歴代単独最多となった。

高校2年の川村は、今季初優勝を飾って以来これで通算3勝目。「オリンピックでも頑張ります」と笑顔を見せた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加