米12月鉱工業生産、製造業が予想外に低下 自動車生産落ち込む

米12月鉱工業生産、製造業が予想外に低下 自動車生産落ち込む

  • ロイター
  • 更新日:2022/01/15

[ワシントン 14日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)が14日に発表した2021年12月の鉱工業生産指数は、製造業生産指数が市場予想(0.5%上昇)に反し前月比0.3%低下した。世界的な半導体不足が続く中で自動車生産が減少した。

No image

米連邦準備理事会(FRB)が14日に発表した2021年12月の鉱工業生産指数は、製造業生産指数が市場予想(0.5%上昇)に反し前月比0.3%低下した。世界的な半導体不足が続く中で自動車生産が減少した。2018年12月撮影(2022年 ロイター/Richa Naidu)

11月は0.6%上昇していた。12月の前年同月比は3.5%上昇した。

第4・四半期(10─12月)は前年同期比4.9%上昇。第3・四半期(7─9月)は同4.0%上昇していた。

12月は自動車が1.3%低下。11月は1.7%上昇していた。

鉱工業生産は0.1%低下。11月は0.7%上昇していた。公益業が1.5%低下した。鉱業は2.0%上昇だった。

第4・四半期の鉱工業生産は4.0%上昇。第3・四半期は3.5%上昇していた。

12月の設備稼働率は製造業が0.2%ポイント低下の77.0%。鉱工業全体の稼働率は0.1%ポイント低下し76.5%となり、1972年─2020年の平均を3.1%ポイント下回った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加