むつ小赤川橋 迂回路着工へ/昨年8月の大雨災害から本格復旧に向け/来週から整地

むつ小赤川橋 迂回路着工へ/昨年8月の大雨災害から本格復旧に向け/来週から整地

  • Web東奥|東奥日報社
  • 更新日:2022/01/15
No image

昨年8月の大雨で崩落した、青森県むつ市大畑町の国道279号小赤川橋の本格復旧に向け、国土交通省青森河川国道事務所が今月から2本目の仮橋を造る迂回(うかい)路工事に着手する。今春ごろには現在設置されている仮橋「しもきた国土交通三日橋」が役目を終え迂回ルートの利用に切り替わる予定。

小赤川橋の災害復旧は、国が県に代わって直轄権限代行で実施、2022年度末の完成を目指している。

青森河川国道事務所によると、迂回路工事は今月、除雪作業から始まり、来週半ばから作業スペースの確保や整地作業に入る。新たな仮橋の施工は今月下旬ごろに着手予定だという。

迂回路は、現在の仮橋から南側に設ける2本目の仮橋を経由し、市道を通って国道279号に戻るルート。片側交互通行になるという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加