ブラックマヨネーズ、坂上忍にテレビで漫才をしなくなった理由を明かす

ブラックマヨネーズ、坂上忍にテレビで漫才をしなくなった理由を明かす

  • ENTAME next
  • 更新日:2023/01/25
No image

坂上忍がMCを務めるバラエティ番組『デマ投稿を許さない』(ABEMA)第2シリーズの最終回が1月25日(水)23時30分より放送される。

【関連写真】坂上忍の番組で衝撃過去を告白する中島知子

『デマ投稿を許さない』は、坂上忍がSNSのタブーに斬り込み、議論の嵐を呼ぶ、禁断のトークバラエティ。毎回異なるゲストが抱えるデマ投稿にNOを突きつけ、視聴者の代表として、その真実に迫る。そして、「真実を言っても炎上するだけ」「本当のことを言う場所がなかった」というゲストの胸の内を、公平な立場から解き明かしていく番組となっている。

第2シリーズの最終回となる1月25日(水)の放送には、ツッコミの小杉竜一、ボケの吉田敬からなる実力派お笑いコンビ・ブラックマヨネーズ(以下、ブラマヨ)がゲストとして登場。コンビ揃ってのテレビ出演が激減し、浮上した“コンビ解散説”の真相や、テレビで漫才を披露しなくなった理由など、巷で囁かれているさまざまな噂を徹底深掘り。コンビの関係性や仕事・漫才に対する思いなど、坂上さんとともに“ブラマヨの今”を語り尽くす。

オープニングでは、「バラエティに出始めた頃からお世話になってる。世間の評価も業界内の評価もとても高い2人」と印象を語りながら、ブラマヨの2人を迎えた坂上。冒頭では、坂上と共演していた地上波の帯番組『バイキング』(フジテレビ系)の話題にも触れ、ブラマヨが『バイキング』に出演し続けていた理由について言及。吉田さんが「一番勝負してたかも…」と語る。

そして番組では、小杉が「2人の仲に溝ができた時期があった」と振り返る“ブラマヨ解散説”の裏側や、坂上が「そこまでとは思っていなかった」と驚きの表情を浮かべた吉田の家族愛について言及。さらに、漫才師としての矜持や、小杉が東京、吉田が大阪と、コンビ間で離ればなれに住んでいる理由など、仕事への向き合い方から家族にまつわるプライベートな内容まで、赤裸々なトークを展開する。

【あわせて読む】坂上忍が“Vシネの帝王”小沢仁志に切り込む「デビュー作で監督ぶん殴った」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加