友風5場所連続5勝到達「いい相撲だったと」右膝大けが4度手術乗り越え

友風5場所連続5勝到達「いい相撲だったと」右膝大けが4度手術乗り越え

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/11/27
No image

時栄(左)を押し出しで破る友風(撮影・屋方直哉)

<大相撲九州場所>◇12日目◇25日◇福岡国際センター

幕内経験者で右膝の大けがから復帰して5場所目の東幕下37枚目友風(26=尾車)が、6番相撲で東幕下45枚目時栄(25=時津風)を押し出して5勝目を挙げた。

細かい突っ張りで相手を懐に入れさせなかった。「いい相撲だったと思う。相手も強いので。5番勝てたので結果としてはいいんじゃないか」。自己最高位だった西前頭3枚目の19年九州場所2日目の取組で、土俵下に落ちた際に右膝を負傷。歩くことも困難とみられた大けがだったが、4度の手術を乗り越え、復帰場所から5場所連続で5勝以上の星を重ねた。

5番相撲では三役経験者の竜電に敗れて、今場所初黒星を喫したが「竜電関には幕内で1回も勝ったことがない。あれを引きずるとかもない」と、気持ちは切り替わっていたという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加