【日本S】巨人、球団ワーストのシリーズ13失点 投手陣は崩壊、守備も乱れる

【日本S】巨人、球団ワーストのシリーズ13失点 投手陣は崩壊、守備も乱れる

  • フルカウント
  • 更新日:2020/11/22
No image

巨人・鍵谷陽平【写真:荒川祐史】

ソフトバンクの猛攻にさらされて大量ビハインド背負う

■巨人 – ソフトバンク(日本シリーズ・22日・京セラドーム)

巨人が投手陣の崩壊、守備の乱れで日本シリーズ球団ワーストの13失点を喫した。

初回に先発の今村がいきなり3点を失い、2回途中4失点でノックアウト。3回には戸郷がグラシアルに2ランを浴びてリードを広げられた。7回には鍵谷がデスパイネに満塁弾を被弾。さらに9回には大竹が満塁から自らの悪送球で2点を失い、大量13失点となった。

巨人のこれまでの日本シリーズでのワースト失点は西武と対戦した1994年の第1戦で喫した11点。これを更新する不名誉なワースト記録を樹立した。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加