民家に立てこもり12時間、男確保までに何が 夜明けに動いた事態

民家に立てこもり12時間、男確保までに何が 夜明けに動いた事態

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2023/05/26
No image

"被弾したパトカーとみられる車両に青いシートがかけられていた=2023年5月26日午前7時49分、長野県中野市、朝日新聞社ヘリから、岩下毅撮影"

長野県中野市で25日夕に発生した立てこもり事件で、県警は26日午前、現場で身柄を確保した男について、死亡した4人のうち、県警の男性巡査部長(61)に対する殺人容疑で逮捕した。

【写真】「銃を下ろして」呼びかける警官、応じない容疑者 周辺は不安の一夜

立てこもってから確保まで約12時間。何があったのか。

県警などによると、猟銃のようなものを持った男が長野県中野市江部の青木正道・同市議会議長(57)宅に立てこもったのは、25日午後4時半すぎ。男はその直前、近くに住む村上幸枝さん(66)を刺しており、駆けつけた警察官2人に対し発砲していた。3人は病院に搬送されたが、死亡が確認された。

立てこもった民家の中には男の母とおばがいた。民家外には別の高齢女性が倒れていたが、男が近くにおり、県警や救急隊は救助できずにいた。

男は猟銃のようなものを手に何度か民家を出たり入ったりした。県警は男に接触できず、やりとりできないままだった。

午後8時前後には、現場で発砲音のような音が複数回した。

午後8時35分ごろ、男の母で青木氏の妻が、民家から逃げ出し、県警に保護された。女性は県警に対し、立てこもっているのが息子であることを説明した。

その後は膠着(こうちゃく)状態が続く。日付が変わったころ、事態が動いた。26日午前0時10分ごろ、男のおばが民家から脱出、保護された。

女性2人の脱出で、民家の中は男だけになった。県警は民家を取り囲んだ。

それから4時間半後の午前4時40分ごろ。男が民家から出てきて、警察官が敷地内で身柄を確保した。警察車両で中野署へ移送された。

青木政憲容疑者(31)に逮捕状が執行されたのは午前8時21分。警察官に対する殺人容疑だった。

■事件発生から確保まで

(25日)

午後4時26分ごろ 「男が女性を刺している」と110番通報。駆けつけた長野県警の警察官2人に男が発砲。警察官を含む男女3人を病院へ搬送。その他に1人が屋外で倒れていたが救助できず。男は青木正道・市議会議長宅に立てこもる

午後6時7分 搬送された女性の死亡確認

午後6時18分 県警中野署の玉井良樹警部補(46)の死亡確認

午後7時 中野署の池内卓夫巡査部長(61)の死亡確認

午後8時前後 複数回の発砲音が聞こえる

午後8時35分ごろ 立てこもり現場の民家内から逃げ出した議長の妻を保護

(26日)

午前0時10分 民家から青木議長の親戚の女性が逃げだし、保護

午前2時25分 県警が死亡した女性は近くに住む村上幸枝さん(66)と公表

午前4時37分 民家から出てきた男の身柄を確保

午前4時39分 現場近くの屋外で倒れていた高齢女性を発見

午前4時54分 高齢女性の死亡を確認

午前4時55分ごろ 男を乗せた車が中野署に入る

午前8時21分 市議会議長の長男の青木政憲容疑者(31)を池内巡査部長への殺人容疑で逮捕

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加