映画『ハケンアニメ!』辻村深月の小説を吉岡里帆&中村倫也で実写化、“アニメ業界”の舞台裏を描く

映画『ハケンアニメ!』辻村深月の小説を吉岡里帆&中村倫也で実写化、“アニメ業界”の舞台裏を描く

  • ファッションプレス
  • 更新日:2021/11/25

直木賞作家・辻村深月の小説『ハケンアニメ!』が実写映画化。2022年5月に公開される。主演は吉岡里帆。

No image

辻村深月の小説『ハケンアニメ!』を実写映画化

原作小説の『ハケンアニメ!』は、直木賞作家・辻村深月がアニメ業界の舞台裏を描いたお仕事ドラマ。本屋大賞にもノミネートされた人気小説が、7年の時を経て実写映画化される。

<『ハケンアニメ!』あらすじ>
テレビアニメの年間制作本数300本以上、マーケットは2兆円を超えるとも言われるアニメ業界。今や世界中が注目する日本のアニメ業界だが、その制作現場では、最も成功したアニメの称号=「覇権(ハケン)」を取るため、日夜熾烈な闘いが繰り広げられている。

そんな世界に飛び込んだ斎藤瞳は監督デビュー作で、憧れのスター監督・王子千晴と覇権を争うことに!過去にメガヒット作品を生み出し、天才として名を馳せる王子は、プロデューサー・有科香屋子とタッグを組み8年ぶりに監督復帰を果たすのだ。瞳は、クセ者プロデューサー・行城理や、個性的な仲間たちと共に、汗と涙と鼻水にまみれ、アニメの頂点【ハケン(覇権)アニメ】の称号を手にすべく、奮闘を重ねるのであったー。

吉岡里帆がアニメ業界で奮闘する新人監督に

主演を務めるのは、『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』『見えない目撃者』などで幅広い演技を見せてきた吉岡里帆。その他、中村倫也、柄本佑、尾野真千子ら実力派俳優陣が集結した。

主人公・斎藤瞳...吉岡里帆
アニメが持つ力を信じ、チャンスを掴んだ新人監督。目標に向かって努力するも、不器用がゆえ壁にぶち当たる日々の中で、それでも懸命に前に進む。

王子千晴...中村倫也
かつて伝説のアニメを世に打ち出し、天才として名を馳せるが、その後はヒット作を出せず、もう後がない崖っぷちの天才監督。

行城理...柄本佑
仕事はできるが超クセのある性格で、瞳を振り回す敏腕プロデューサー。

有科香屋子...尾野真千子
かつて「伝説の制作進行」と呼ばれた、王子の才能に人生を懸ける名プロデューサー。

『水曜日が消えた』吉野耕平が監督

監督は、新海誠監督のアニメ映画『君の名は。』にCGクリエイターとして参加し、中村倫也主演の映画『水曜日が消えた』で長編映画デビューを果たした吉野耕平。また、老舗アニメ制作会社・東映アニメーションが監修を行い、変化の激しいアニメ業界の“今”のリアリティを徹底的に追求した。

劇中アニメはProduction I.Gらが制作

劇中アニメ『サウンドバック 奏の石』『運命戦線リデルライト』の制作には『攻殻機動隊』シリーズなどで知られるProduction I.Gなど、日本を代表するアニメプロダクションが参加。この2本の劇中アニメは、映画の情報解禁に先駆けYoutubeで公開され、“謎のアニメーション”として話題を呼んでいる。

なお、原作者の辻村深月は、『ハケンアニメ!』の実写映画化について下記の通りコメントを寄せた。

<辻村深月コメント>
『ハケンアニメ!』は私の小説の中では最も映像化が難しいタイトルだと思っていました。理由は、作中に登場する二本のアニメ。「その期の覇権をとる」と言われるようなクオリティーのアニメを現実に映像内に再現してもらうのはまず無理だろうと諦めていました。

だけど──今回、素晴らしいスタッフとキャストの皆さんの力を借りて実現しました。私の描いた王子が、香屋子が、瞳が、行城がここにいる。彼らの作るアニメがここにある。劇場で彼らの軌跡を目撃できるのが、今から楽しみでなりません。

【詳細】
映画『ハケンアニメ!』
公開時期:2022年5月
原作:辻村深月「ハケンアニメ!」(マガジンハウス刊)
監督:吉野耕平
脚本:政池洋佑
出演:吉岡里帆、中村倫也、柄本佑、尾野真千子
制作プロダクション:東映東京撮影所
配給:東映

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加