稲庭うどんを「みそたれ」で! 秋田の食文化がタッグ

稲庭うどんを「みそたれ」で! 秋田の食文化がタッグ

  • 秋田テレビ ニュース
  • 更新日:2022/06/23

やわらかな甘みとうまみの調和が特徴的な「秋田みそ」の消費拡大を図ろうと、稲庭うどんに合う「みそたれ」が開発され、23日、発表会見が行われた。

「稲庭うどん みそたれ」は、秋田県味噌醤油工業協同組合と秋田県稲庭うどん協同組合が共同で開発。23日は両組合の代表が出席して、秋田県庁で発表報告会が開かれた。

秋田県は、みその消費量が全国でもトップクラスで、秋田を代表する「稲庭うどん」とコラボレーションすることで、知名度アップと消費拡大を目指す。

秋田県味噌醤油工業協同組合・安藤大輔理事長:
「全国でも非常に知名度の高い稲庭うどんの繊細な魅力を損なわず、みそのおいしさを表現するコンセプトのもと、商品の開発を進めた」

2021年7月から開発が始まった「みそたれ」は、秋田県内17社の醸造会社のみそをブレンドしたもので、深いコクと豊かな風味は、特に冷たいうどんに合うという。

飛世直樹アナウンサー:
「思ったよりすっきり、さっぱり食べられる。その中でもみそのコクを深く感じられて、稲庭うどんとの相性抜群」

秋田が誇る食文化から誕生した「みそたれ」は、7月1日から県内のスーパーマーケットなどで販売される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加