もはや生きてる!ブロッコリーに刻んだ「鷹」究極の造形美に驚嘆の声

もはや生きてる!ブロッコリーに刻んだ「鷹」究極の造形美に驚嘆の声

  • withnews(ウィズニュース)
  • 更新日:2021/11/25
No image

まさに超絶技巧と称賛したくなる「鷹」が、ツイッター上で話題を巻き起こしています。出典:gakuさんのツイッター(@gaku_carving)

ブロッコリーを使って作り上げた造形作品が、ツイッター上で話題をさらっています。異国の技術を駆使してなされたという手仕事。究極の造形美を実現した作者に、話を聞きました。(withnews編集部・神戸郁人)

>>【画像】もはや生きてる!ブロッコリーに刻んだ「鷹」究極の造形美に驚嘆の声

くちばしまで忠実に模倣

今月18日、一枚の画像がツイートされました。

写っているのは、ブロッコリー製の立体造形物です。茎を細かく加工することで、両翼を大きく広げ、今にも飛び立とうとする鷹の姿を削り出しています。

圧巻なのが、その完成度。翼の表面や、頭頂部から首元にかけて刻まれた微細な切り込みが醸すのは、まさに鷹の羽の質感そのものです。下方に向けて弧を描き、先端が鋭くとがったくちばしまで忠実に模倣し、臨場感をまとわせています。

この投稿は、25日時点で5万回近くリツイートされ、26万を超える「いいね」もつきました。

ブロッコリーで鷹
娘に「すごーい!」言われ
喜んでます😀 pic.twitter.com/XZQZxTBmLW
— gaku (@gaku_carving)
November 18, 2021
from Twitter

タイから指南書取り寄せ独学

画像を投稿したのは、作者のgakuさん(41・@gaku_carving)です。日本料理人として働きつつ、専用のナイフなどで、野菜や果物に様々な模様を彫り込む「タイカービング」をたしなんでいます。

タイカービングとは、東南アジア・タイ発祥の装飾美術。日本タイカービング協会によると、宮中の子女たちが、王様に料理を楽しんでもらうため編み出したとされています。今回の作品にも、この技術が使われました。

gakuさんは約10年前、バラを彫刻したスイカの画像を、ネット上で見て魅了されました。タイから指南書を取り寄せ、独学したそうです。仕上げた作品は1千点を超え、伝統的な植物柄などのほか、アニメ・ゲーム由来のものも作っています。

鷹をかたどるきっかけは今年11月、カービング仲間に誘われ、石鹸彫刻の展示会に出展したことです。花などをあしらった作品が多い中、あえて力強い印象のモチーフを選択。その後、野菜も使いたいとブロッコリー版を製作しました。

「ブロッコリーは変色が遅く、堅さもあり彫刻しやすい素材です。鷹を彫る場合、くちばしが小さくなります。少しのミスもしないよう作業時は特に気を付けました。眼球には、ぬいぐるみ向けの手芸用品『あみぐるみアイ』を用いています」

ちなみに、鷹の作品は撮影後、食材として活用したといいます。

No image

石鹸彫刻の展覧会向けに製作された鷹の造形物。出典:gakuさん提供

「食べ物で遊んでいるのではない」

gakuさんが創作の着想を得る対象は、日常の風景の中から見つけた模様や背景など、様々です。いずれにしても、作って楽しいと思えるかどうかが、採用の基準になります。

鷹のモチーフについても、「格好いい」と感じられたことが、選ぶ上で決め手になったそう。鑑賞する側にまで思いが伝わったのか、ツイートには「どこを削ったらこうなるのか」「もはや生きている」など、驚嘆の声が連なっています。

作品が注目を集めたことを受けて、gakuさんは次のように話しました。

「コメントはうれしいです。食べ物で遊んでいるのではなく、タイの伝統的な文化であるということを知ってもらいたいですね」

gakuさんの作品画像一覧はこちら(インスタグラム)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加