SKE48・荒井優希、プロレス本格参戦!カカト落とし披露も元LinQ・伊藤麻希選手らに敗戦

SKE48・荒井優希、プロレス本格参戦!カカト落とし披露も元LinQ・伊藤麻希選手らに敗戦

  • RBB TODAY
  • 更新日:2021/05/04
No image

(C)東京女子プロレス

もっと画像を見る

SKE48のメンバー・荒井優希が東京女子プロレスに本格参戦。5月4日にデビュー戦を迎えた。

荒井は、東京・後楽園ホールで無観客で開催された「YES! WONDERLAND 2021~僕らはまだ夢の途中~」にて「アップアップガールズ(プロレス)」の渡辺未詩選手とタッグを組み、元LinQの伊藤麻希選手と遠藤有栖選手のチームと対戦した。

ちなみに、荒井は2018年2月、愛知県体育館で行われた豆腐プロレスのリアルプロレスイベントにバブリー荒井のリングネームで出場。同年10月にDDTプロレス「女子時間差バトルロイヤル」に参戦し、伊藤選手に敗れたという経歴を持つ。今年4月に、荒井はプロレスに本格的に取り組むことを発表。初戦が因縁の相手・伊藤選手との対戦となった。

アイドル4人のそろい踏みとなった一戦は、荒井と遠藤選手が先発。荒井は、渡辺選手と連係のダブルエルボーを決めるなど好調にスタートしたが、伊藤選手と対峙すると、ネックロック、DDT、背中にラリアットをくらうなど、攻めこまれた。なんとか10分をしのぎ、伊藤選手のフライング・ビッグヘッドを免れ自爆させると、得意技のカカト落としを一撃。2発目は阻止されたものの、強烈なエルボーをたたき込んだ。しかし、伊藤選手からのヘッドバットからDDT、倒れ込み式ヘッドバット、伊藤デラックスと次々と技をたたみかけられ、荒井はギブアップとなった。

伊藤選手から「荒井優希、オマエは弱い。でも今見てくれてるお客さんは、オマエの弱い姿よりも、弱くても闘う姿に勇気をもらえたヤツがいっぱいいると思う。オマエはSKE48の荒井優希じゃない。プロレスラーの荒井優希だ」「何年かかってもいいから、伊藤麻希を潰しに来い!伊藤は何回でもプロレスラー荒井優希を潰してやるよ。まあ、オマエのことなんてあんまり興味ないけど、頑張れ」とエールが送られ、荒井は「今日は負けちゃったけど、絶対強くなるので見ててください。応援よろしくお願いします」と、涙をにじませながらリングを後にした。

さらに荒井は試合後、「昨日まで本当に不安で、楽しめる自信も全然なかったんですけど。今日になって、すごい楽しみな感情が沸いていて」とし、「すごい悔しい試合ではあったんですけど、『プロレス楽しいな』っていう気持ちになれたので、本当によかったです」とコメント。得意技のカカト落としを“Finally(ファイナリー)”と命名した荒井は、「SKE48で、似たような足を上げる振りがある『片想いFinally』という曲があって、そこから取りました。すごくかっこよくて気に入っているので、もっと磨けるように頑張ります」と意欲を見せた。

KT

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加