【広島】今季ワースト7連敗...佐々岡監督「大瀬良は内容的に良くないと思って代えた」

【広島】今季ワースト7連敗...佐々岡監督「大瀬良は内容的に良くないと思って代えた」

  • 東スポWeb
  • 更新日:2022/08/05
No image

4回、阪神・ロハスに2ランを浴びた広島・大瀬良(東スポWeb)

広島は5日の阪神戦(マツダ)に2―3で敗れた。先発・大瀬良が5回4安打3失点。7敗目(7勝)を喫した。チームは前半戦の最後の試合だった7月24日のヤクルト戦から7連敗で、後半戦に入ってから6戦6敗だ。

また、大瀬良も7月8日の中日戦から5戦連続で勝ちがない。後半戦は〝開幕〟の中日戦でも3回4失点KOされており、自身2連敗。右腕は「僕がつくった連敗だし、何とかしたいなと思ったんですけど…申し訳ないです」と話した。

佐々岡監督は大瀬良について「ちょっと内容的に良くないと思って5回で代えました」と明かした。3日にチームの勝ち頭・床田が右足を骨折。指揮官は「(大瀬良は)当然エースとして。床田がああいう状況になりましたので、やってもらわないといけない選手」と奮起を促していた。

東スポWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加