【日本ハム】“執念先輩”今川優馬が2点適時二塁打で先制 3連勝へ「もっと打ちます。執念」

【日本ハム】“執念先輩”今川優馬が2点適時二塁打で先制 3連勝へ「もっと打ちます。執念」

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/05/14
No image

日本ハム対ソフトバンク 3回裏日本ハム2死一、二塁、今川優馬は先制となる適時二塁打を放ちポーズを決める(撮影・佐藤翔太)

<日本ハム2-0ソフトバンク>◇14日◇札幌ドーム

日本ハム今川優馬外野手(25)が左翼へ先制2点適時二塁打を放った。

3回2死一、二塁の好機で、ソフトバンク大関の136キロのフォークを引っ張って走者一掃の長打となった。

「執念」と常々、口にしていることから同僚に“執念先輩”と呼ばれる今川は「“執念後輩”たちには負けられません。(先発の)上沢さんを、もっと楽に投げさせられるように、もっと打ちます。執念」とコメント。

今季2度目の3連勝へ、執念の一打を披露した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加