いつまでも変わらない味、だがそれがいい 航海屋 新宿店(東京・新宿)【日本在住ラーメン大好きアメリカ人による「ラーメンアドベンチャー」】第13回

いつまでも変わらない味、だがそれがいい 航海屋 新宿店(東京・新宿)【日本在住ラーメン大好きアメリカ人による「ラーメンアドベンチャー」】第13回

  • ASCII.jp
  • 更新日:2020/05/22
No image

この店『航海屋』には、2011年にも訪れたことがある。

今回は友人のセバスチャンに連れられてやってきた。彼のお気に入りの店のひとつだ。

No image

今もずっと変わりなく、新宿のド真ん中にある少々小汚い店だ。

だがそれがいい。

No image

鶏ガラと魚介の濃密な旨味、そして焦がしネギ油の香り豊かなスープが今回も出迎えてくれる。

No image

オーダーしたのはもちろん、航海屋のフラッグシップメニュー『ダブルチャーシューメン』だ。

大トロ・中トロ・赤身からチョイス可能なチャーシューは、その数なんと20枚! 大輪の花のように丼を彩っている。

No image

日本を代表する偉大なコメディアン、志村けんさんも航海屋をお気に入りだったようだ。

この店が毎年夏に提供する冷やしラーメン『清流めん』が二日酔いに一番効くと言っている。

No image

ちょっとおかしな英語も相変わらずだ(ミススペル! ArailableではなくAvailableだ)。

No image

以前は池袋や常盤台などにも支店があったが、今ではここ新宿と阿佐ヶ谷だけになってしまった。

だが今回も、以前と変わらぬ美味いラーメンだった。

※本記事は本人からの許諾を取り、以下の英語ブログに最新情報を加え日本語に翻訳したものです

航海屋 (Kokaiya in Shinjuku)http://www.ramenadventures.com/2019/05/kokaiya-in-shinujuku.html

ブライアン・マクダクストン Brian Macduckston (ラーメンブロガー)

No image

日本在住のラーメン大好きなアメリカ人。ラーメンを英語で発信するラーメンブログ「Ramen Adventures」は世界的な人気を獲得。2015年には書籍「最強アメリカ・ラーメン男 東京 極ウマ50店を食べる(K&Bパブリッシャーズ)」も刊行。現在はラーメン店の世界進出時のコンサル等も担当している。

百麺人(https://ramen.walkerplus.com/hyakumenjin/

本人ブログhttp://www.ramenadventures.com/

ブライアン・マクダクストン 編集●ラーメンWalker

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【ローリングストック】おうちの非常食をおいしく食べるレシピ 『ツナ缶』編
今度は28個入りで3500円! 六花亭の新「お菓子詰め合わせ」ポチらずにはいられない。
やってみた:ウイスキーに「凍らせたコーヒー」を入れたら結構おいしかった件について
同棲中の彼が自粛生活で急に料理を開始。そこから浮気がバレたワケは?
「1食6合も食べていた」のん、肉まんの食べ方もビックリだった!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加