マドリー 無観客でシーズンを過ごすと最大25%の給与減額へ

マドリー 無観客でシーズンを過ごすと最大25%の給与減額へ

  • SPORT|スポルト
  • 更新日:2020/09/16
No image

マドリーの選手にも影響が

COVID-19に対し現在実施されている措置によって、プロサッカーの試合が非常に厳しい対策のもとで行われている。現状、このプロトコルはスタジアムへの観客の入場を禁止しており、すべての試合は無観客の中で行われなければならない。クラブは入場チケットや年間チケットによる全ての収入がストップし、この措置は明らかにクラブに影響を与える。

このような状況を前に、多くのクラブが様々な予測を立てている。エドゥアルド・インダは、レアル・マドリーが選手の給与の20-25%の減額を検討していることを明らかにした。

インダによると、おそらく2021年には観客をスタジアムに入れる計画を立て始めるだろうが、もし最終的に今シーズン一年を通して無観客で試合が行われた場合、この措置が適用されることになるかもしれないという。

すべてはこの数ヶ月の間にこのパンデミックがどのように変化するかにかかっている。

もし観客がスタジアムに戻らなければ、マドリーの選手全員が20-25%の減給を受けることになる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加