イタリア、成長促進へ構造改革を=ECB副総裁

イタリア、成長促進へ構造改革を=ECB副総裁

  • ロイター
  • 更新日:2022/11/25

[ミラノ 24日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のデギンドス副総裁は24日、低迷する成長率の押し上げに向けイタリアは構造改革が必要だと述べたほか、同国の財政政策は「非常に慎重」と指摘した。ミラノでのイベントで講演した。

No image

欧州中央銀行(ECB)のデギンドス副総裁は24日、低迷する成長率の押し上げに向けイタリアは構造改革が必要だと述べたほか、同国の財政政策は「非常に慎重」と指摘した。写真は2020年9月にドイツ・ベルリンで開催されたEU財務相非公式会合で発言するデギンドス氏。代表撮影(2022年 ロイター)

デギンドス氏はイタリアについて「問題は高い債務比率だ。財政政策が非常に慎重であることを踏まえると、問題があるのは成長面なのだろう」とした上で、構造改革の欠如が課題と語った。

一方、イタリアの銀行は健全な状態にあり、金融市場が混乱した場合でも十分に対処できるとの見方を示した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加