【マイルCS】グランアレグリア優勝、史上8頭目の春秋マイルG1同一年制覇 ルメールは17回目で初V

【マイルCS】グランアレグリア優勝、史上8頭目の春秋マイルG1同一年制覇 ルメールは17回目で初V

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/23

秋のマイル王決定戦「第37回マイルチャンピオンシップ」(G1、芝1600メートル)は22日、阪神競馬場で行われ、ルメール騎乗のグランアレグリア(牝4=藤沢和)が優勝。

No image

<阪神11RマイルCS>1着でゴールしたグランアレグリア(左)(撮影・後藤 大輝)

3/4馬身差の2着にインディチャンプ、さらに首差の3着にアドマイヤマーズが入った。

勝ったグランアレグリアは父ディープインパクト、母タピッツフライの血統。通算成績は10戦7勝。安田記念、スプリンターズSに続くG1・3連勝で通算4勝目。史上8頭目の春秋マイルG1同一年制覇を達成した。過去には1985年ニホンピロウイナー、94年ノースフライト、98年タイキシャトル、99年エアジハード、2007年ダイワメジャー、15年モーリス、19年インディチャンプが達成している。

同一年のスプリンターズSとマイルCS制覇は98年タイキシャトル、03年デュランダル以来17年ぶり3頭目。牝馬の制覇は08年ブルーメンブラット以来12年ぶり6目となる。これまでは86年タカラスチール、90年パッシングショット、93年シンコウラブリイ、94年ノースフライト、08年ブルーメンブラットが勝っている。

鞍上のルメールは17回目の挑戦でマイルCS初制覇。これまでは04年ダンスインザムード、05年ダイワメジャー、16年イスラボニータの2着が最高だった。天皇賞・秋(アーモンドアイ)、エリザベス女王杯(ラッキーライラック)、マイルCSとG1騎乗機会3連勝。

今年のJRA・G1・7勝目で、これまではフェブラリーS(モズアスコット)、天皇賞・春(フィエールマン)、同・秋(アーモンドアイ)、ヴィクトリアM(アーモンドアイ)、スプリンターズS(グランアレグリア)、そして先週のエリザベス女王杯(ラッキーライラック)を制していた。JRA・G1年間最多勝は18年のルメールの8勝で、あと1勝と迫った。JRA・G1は通算34勝目となった。

藤沢和調教師は、1993年にシンコウラブリイ、97・98年にタイキシャトル、01年にゼンノエルシドで制しており、マイルCS歴代最多を更新する5勝目を挙げた。調教師の同一JRA・G1・5勝は藤沢和師自身の天皇賞・秋6勝に続き、グレード制を導入した84年以降で2例目。JRA・G1通算32勝目となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加