巨人高橋7回1失点も開幕6戦6勝逃す「試合をつくれたのは今後の自信に」

巨人高橋7回1失点も開幕6戦6勝逃す「試合をつくれたのは今後の自信に」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/04
No image

広島対巨人 巨人先発の高橋(撮影・足立雅史)

<広島1-1巨人>◇4日◇マツダスタジアム

巨人高橋優貴投手が7回を5安打1失点の好投も、球団日本人では1936年秋の沢村栄治以来となる開幕6戦6勝を逃した。

3回2死満塁のピンチで鈴木誠を空振り三振に仕留めるなど粘りの投球。5回に投手床田の犠飛で同点とされたが、最少失点でとどめた。「(記録を)意識した中で、ある程度試合をつくれたのは今後の自信にして、次、勝ちきれるように準備できれば」と次戦を見据えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加