ネイマール 右足首負傷で1次リーグ残り2試合出場が絶望的に ブラジルメディア報道

ネイマール 右足首負傷で1次リーグ残り2試合出場が絶望的に ブラジルメディア報道

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/11/27

サッカーFIFAワールドカップで、ブラジル代表のFWネイマール(30=パリSG)が右足首を負傷し、1次リーグ残り2試合の出場が絶望的になったと25日、ニュースサイト・グロボなど複数のブラジルメディアが報じた。

No image

ピッチに倒れ込み顔をしかめるネイマール(AP)

ネイマールは24日の1次リーグG組第1戦のセルビア戦で負傷。ドリブルで持ち上がった後半22分のカウンターでスライディングタックルを受けて右足首を痛めた。その後も出場を続けたが、ピッチに座り込んでプレーを中断して34分に退いた。

チチ監督は「W杯でプレーを続けてくれると確信している」と前向きに話したが、チームドクターは捻挫を認めた上で「より詳しい所見を得るために24時間から48時間は待つ必要がある」と説明していた。

ネイマールは地元開催だった14年大会準々決勝で負傷離脱を強いられ、18年大会は8強止まり。所属のパリSGで好調を維持していたが、復帰が遅れればチームには大打撃となる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加