「とても楽しかった」閉校の小学校で、ころ柿作り〈宮城・丸森町〉

「とても楽しかった」閉校の小学校で、ころ柿作り〈宮城・丸森町〉

  • 仙台放送ニュース
  • 更新日:2021/11/25
No image

仙台放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

今年度いっぱいで閉校する、宮城県丸森町の小学校で、児童たちが特産の「ころ柿」作りを体験しました。

「ころ柿」は丸森町特産の干し柿で、耕野小学校では、子供たちにふるさとの魅力に触れてもらおうと毎年、この時期にころ柿作り体験を行っています。

11月25日は、耕野小学校の全校児童、5人のうち3人と学校の再編で、来年度から同じ学校になる、舘矢間小学校の4年生の児童30人が一緒にころ柿作りを行いました。

子供たちは蜂屋柿という渋柿の皮むきに挑戦。皮をむいた柿を2メートルほどの長さのロープにひとつひとつくくりつけていきました。

児童

「初めてやったのでとても楽しかった」

「最初は難しかったけどだんだん慣れてきて、皮をむくのが少しずつ早くなってきた」

「今までありがとうという気持ちもあるので、おいしく味わいたい」

子供たちが皮をむいた柿は、校舎の外につるされ、冬休みが明けて間もなくすると、甘い「ころ柿」に仕上がるということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加