ナルバンディアンがコーチに

ナルバンディアンがコーチに

  • tennis365
  • 更新日:2021/02/22
No image

2013年のナルバンディアン : 画像提供 ゲッティ イメージズ

男子テニスで世界ランク41位のM・キツマノビッチ(セルビア)は21日に自身のインスタグラムで、元世界ランク3位のD・ナルバンディアン(アルゼンチン)がコーチに就任すると発表した。

ツアー11大会で優勝したナルバンディアンは、2013年に現役を引退。四大大会の最高成績は、2002年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)での準優勝。その時は決勝でL・ヒューイット(オーストラリア)に敗れた。

また全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)でもベスト4へ進出した実績を誇る。

また21歳のキツマノビッチは、昨年9月のジェネラリ・オープン(オーストリア/キッツビュール、レッドクレー、ATP250)でツアー初優勝を飾っている。

[PR]緊急開催!みんなで語ろう「大坂 なおみ全豪優勝」2/23(火・祝) 夜6:00頃よりWOWOWオンデマンド&WOWOWテニスワールドで配信予定!

■放送&配信スケジュールはこちら>

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加